オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

ハックしたEye-Fiカードを使ってリコーGRの写真をNexus 5に自動転送する→ウマー(カワイイ)

ハックしたEye-Fiカードを使ってリコーGRの写真をNexus 5に自動転送する→ウマー(カワイイ)

リコーのコンパクトデジタルカメラ「GR」は標準でEye-Fiに対応しております。本エントリーではリコーのGRで撮影した写真をスマートフォン(Android携帯やiPhone)で楽しむ方法について述べます。

2014050gkawaii1

「GR」を愛用して約1年になります。APS-Cサイズ大型CMOSセンサーを搭載しており、焦点距離が28mm, 35mm, 47mm相当で撮影できます。これがめちゃくちゃ便利なんです。GRがあるので、デジイチでも28mmの焦点距離のレンズはとくにいらないなーと感じています。

Eye-Fiとは無線LAN機能を内蔵したSDメモリーカードです。日本市場においてもだいぶ認知されるようになってきましたね!GRにEye-Fiカードを組み合わせることにより、GRで撮影した写真をスマホやPCへ転送できます。

「“カワイイ”をシェアする写真術」の付録Eye-Fiカード

現在発売されている雑誌(ムック)「“カワイイ”をシェアする写真術」には NTTドコモの Eye-Fiカード 01が特別付録として添付されています。このファームウェアを書き換えるとEye-Fi Connect X2相当になります。通称「カワイイEye-Fi」。

2014050gkawaii3

雑誌「”カワイイ” をシェアする写真術」は女性向けに作られています。裏表紙にはオリンパスが女性向けに販売しているPENの広告があります。さっこん急増している「デジタルカメラ女子」が選ぶカメラの筆頭はPENでしょう。オリンパスのマーケティング戦略は成功していますね。

そんな女性向け雑誌にEye-Fiがついてくる。Eye-Fi側としてはユーザ層の拡大を狙ったんでしょうか? それとも単に作りすぎて余ったからか・・・。

2014050gkawaii6

もともとは今年2014年2月に発売された雑誌です。

2014050gkawaii4

2014050gkawaii5

この「”カワイイ” をシェアする写真術」は税込で1944円です。いっぽう、Eye-Fi Connect X2はだいたい4000円ぐらいです。雑誌を購入することで、ざっと半額のお値段でEye-Fiを試すことができます

2014050gkawaii7

雑誌自体は特筆すべきことはありません。このおまけのEye-Fiだけが目的 ^_^;2014050gkawaii8

Eye-Fiカード 01は Android 専用の Eye-Fiカードです。そういう仕様として作られています。2014050gkawaii9

「”カワイイ” をシェアする写真術」付録のEye-Fiカード 01のファームを書き換える方法

「”カワイイ” をシェアする写真術」付録のEye-Fiカード 01をハックすることでEye-Fi Connect X2相当になります。すなわち、AndroidだけではなくiPhoneでも使えるようになります。その方法は極めて簡単。

Eye-Fiジャパンのオフィシャルサイトから「Eye-Fi Software Center」をダウンロードし、ファームウェアを最新バージョンに書き換えます。これにより、docomo Eye-Fi カード 01がEye-Fi Connect X2相当になります。(Eye-Fi Connect X2は現在廃盤となっています。)2014050gkawaii

ファームウェアの書き換えはあっという間に終わります。「カワイイEye-Fi」のできあがりです ^_^;

2014050gkawaii10

カワイイEye-Fi をGRに挿入し、写真を撮影する。

さてdocomo Eye-Fi カード 01のファームウェアを書き換え、「カワイイEye-Fi」化したらこれを「GR」に挿入します。

このEye-Fi Connect X2相当の「カワイイEye-Fi」はJPEG画像のみをWi-Fi転送できます。RAW 画像は非対応です。

私はGRで「RAW+」を選んでいます。これにより、JPEG画像を iPhoneや Androidスマホにアップロードできます。

2014050gkawaii11

またRAW画像はパソコン側に取り込みます。JPEG画像をパソコンに取り込みたいときは、 iPhoneや Androidスマホから Dropboxを経由しています。

今回転送先としてNexus 5を選びました。Nexus 5を導入して半年が経ちます。私がつかったいくつかの Andorid 端末の中でベストだと考えており、大変気に入っています。

Nexus 5は約5インチの比較的大きな液晶ディスプレイを搭載していますから、写真を閲覧するのにももってこいです。

2014050gkawaii2

ただNexus 5のカメラ機能は、未だに慣れません。スマホのカメラ機能はそれなりに便利だと思いますが、普段から持ち歩いているリコーイメージングのコンパクトカメラ「GR」を使うことの方が遥かに多いです。

GRで撮影した写真を「カワイイEye-Fi」から Nexus 5に転送してみました。転送方法は2つあります。勝手に自動転送する方法と、再生中に任意の写真を転送する方法。私は前者の方が便利だと思います。

2014050gkawaii12

下はカフェで撮影した写真。GRクオリティーの写真がかんたんにスマートフォンで楽しめます。スマートフォンに転送さればあとはメールに添付したり、SNSやブログに投稿したりできます。楽しみがグンと広がります。

2014050gkawaii13

リコーのGR、Google の Nexus 5、そして「カワイイEye-Fi」。ユーザに手間をかけさせることなく連携してくれるので、私はとても気に入っていますよ!

2014050gkawaii14

Return Top