オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

リコーのGRで東京ディズニーシーの夜景を撮影してみました

リコーのGRで東京ディズニーシーの夜景を撮影してみました

リコーのGRで東京ディズニーシーの夜景を撮影してみました。

東京ディズニーシーには午後6時過ぎに入園しました。夕暮れ時でした。
201305tdsn1

天井には風船が映し出されていました。
201305tdsn2

風船がくるくると回っています。
201305tdsn3
GRはちゃんとAFしてくれますね。

夜が近づき、明かりがともされていました。
201305tdsn4

ヴェネツィアンゴンドラのそばの通路。灯りがだんだんとロマンチックに見えてきます。
201305tdsn5

ポンテヴェッキオから望む。
201305tdsn6

ISO3200です。この辺がギリギリ使えるかというところ。
201305tdsn7

船が見えてきました。
201305tdsn8

ハーバーを見渡すことができます。
201305tdsn9

私は東京で最も美しい夜景を見ることができるのは、この東京ディズニーシーであると考えています。GR、なかなか綺麗に夜景を撮ってくれますね。^^
201305tdsn10

201305tdsn11

この船にはさまざまな仕掛けが施されています。
201305tdsn12

そのアトラクションが「レオナルド・チャレンジ」。なかなか面白いんですよ。
201305tdsn13

201305tdsn14

火山の色が見事です。
201305tdsn15

ISO3200でがんばってみました。
201305tdsn16

ホライズンベイというレストランが写っています。
201305tdsn17

ここからは船に乗ることができます。
201305tdsn18

船着き場。
201305tdsn19

28mmだといろいろなものを映し込むことができます。28mm、いいね〜。
201305tdsn20

映画「海底二万マイル」の世界です。
201305tdsn21

赤と青が大胆に使われています。こういう配色をディズニーはちゃんと考えてライトアップしています。夜のディズニーシーの醍醐味ですね!
201305tdsn22

さて楽しい夜景撮影もおしまいです。ハーバーに戻ってきました。
201305tdsn23

***

今回GRで夜景を撮影して感じたのは、GRの操作性の良さです。

今回の夜景の撮影ではISOを変えたり、セルフタイマーを使ったり、絞りを変えたりなど、かなり頻繁にいろんな設定を試しています。

そのような複雑な操作が右手だけで完結します。これはすごいことだと思います。

操作性のよさはリコー機の伝統だと思いますが、GRはGXR A12 28mmよりも使いやすくなっていると感じます。(インターフェイスなどはぬるぬる動きます。)

さらにGRは夜景の光も綺麗に写し取ってくれます。レンズがいいんですね。

ブログに載せるにあたり、横1024でリサイズしていますが、オリジナルは MacBook Pro with Retina display でみるとばっちり解像しています。驚くほど綺麗です。

というわけで、夜景撮りにGRはもってこいなんじゃないかと私は確信を得たという次第です。^^

(おまけ)
ディズニーシーにはディズニーの仲間たちにご挨拶できるスポットがあります。
201305tdsn24

ミニーちゃんに「GRを買ったよ」と自慢しました。ミニーちゃんは「あらよかったわね」と言っていましたw
201305tdsn25
ミニーちゃんに手の握り方を細かく指導していただきましたw

グーフィーとも記念の一枚。
201305tdsn26
グーフィーとはハグはありませんでしたw

 

Return Top