オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

ソニーのMSXパソコン「HitBit HB-201」が私の原点。これから始まったんだ

ソニーのMSXパソコン「HitBit HB-201」が私の原点。これから始まったんだ

(写真は http://www.inside-games.jp/article/img/2013/12/18/72922/444687.html より引用)

 

私が初めて買ったパソコンはソニーのHB-201 Mezzo。HitBitシリーズのMSXパソコンです。これが私の原点なのです。

HitBit HB-201の優れたハードウェア性能!

HB-201はスゴイんです。なんてたって、メインRAMが大容量64KBです。

HB-201のすぐれているのはオールインワンなデザイン。すべてが一台につまっています。

HB-201はキャリングハンドルつき。持ち運び便利!

ヒットビットノートには、住所録・スケジュール・メモがついています。いまでいうPIMですな。データはカセットに記録していました。

さらにHB-201の筐体上部にはスロットが2つあります。これでコナゲジュや、グラディウス+ツインビーなどを楽しむ事ができます。

HB-201はまさにMSX 1パソコンの金字塔であります。

HitBit HB-201でプレイする「ラリーX」が最高

私はHB-201と同時にナムコのゲーム「ラリーX」を入手しました。

このゲームはナムコの初期傑作で、これがMSXに移植されました。

アーケードでプレイすると100円するのに、MSXなら電気代のみ。これはスゴイです。

ゲームをプレイするのに、HB-201には「Pause」という独自ボタンがついています。これが本当に便利で、ほとんど任意の場所でポーズ(停止)させることができます。

「ラリーX」をプレイしているとちゅう、お母さんに「Sohくん、ご飯よー」といわれても、ポーズボタンをおすことで一時停止し、ご飯を食べ終わった後にプレイを再会することができます。

HitBit HB-201の日本語配列が合理的

HB-201はもちろん日本語が打てるのですが、キーボードは50音配列です。といっても小学校で習う五十音図(五十音 – Wikipedia)とは異なり、キーボード右上からあいうえお・・・と並んでいるのです。

私はこの配列は合理的だと考えています。

iPadの日本語配列にちょっと似てるのですが、同じ理由でiPadの日本語配列も合理的です。(小学校で習う五十音図をiPadに採用する方が合理的ではない)

このことについては、私のブログで以前言及しました。

iPadの「日本語50音キーボード」で日本語入力

おわりに:HitBit HB-201

HitBit のキャッチコピーは「ひとびとの、ヒットビット」。松田聖子がコマーシャルをやっていましたが、「聖子のパソコン」などといっていました。松田聖子ちゃんでも使えるパソコン! Appleのいう「for the rest of us」の思想をソニー流に具現化したのが、HitBitなのです。(といっても、購買層は男性中心だったと思いますw)

だから私はいつでも普通の消費者にとってのパソコン・デジタルデバイスに興味があります。MSX が私の原点なんです。

Return Top