オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

MacBook Airは11インチと13インチ、どちらを選ぶべき?!

MacBook Airは11インチと13インチ、どちらを選ぶべき?!

Appleの超薄型ノート型パソコンMacBook Airは大きく分けて11インチと13インチの2種類があります。いったいどっちを選ぶべきなのでしょうか?

MacBook Air: 11インチと13インチの違い

MacBook Air は、2014年4月に従来機種がアップデートされました。

2014年のMacBook Airは、11インチと13インチは以下の点で異なります。

ディスプレイの解像度

11.6インチモデル・・・1,366 x 768ピクセル
13.3インチモデル・・・1,440 x 900ピクセル

サイズ及び重量

11.6インチモデル・・・幅:30 cm、奥行き:19.2 cm、重量:1.08kg
13.3インチモデル・・・幅:32.5 cm、奥行き:22.7 cm、重量:1.35kg

バッテリーのもち

11.6インチモデル・・・最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧
13.3インチモデル・・・最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧

スペックに着目すると上記の点が異なります。

(また値段も異なりますが、あまり本質的ではないので割愛します。)

便利なのはMacBook Air 13インチのほうだ

スペックだけ並べるなら誰にでもできます。もう少し私の主観を交えてお話ししたいと思います。

私自身の意見は、MacBook Airは多くの人にとっては13インチモデルのほうがいいのではないかというものです。

最大の理由は解像度です。13インチモデルのほうが縦132ピクセル多く表示可能となっており、これがユーザビリティに影響します。デカい画面にたくさんのアプリを開ける方が効率的です。

iLifeやiWork、Microsoft Officeなどは、ディスプレイいっぱいをつかって、パレットをおいたりして操作できるほうが便利です。

たとえばAppleの映像編集ソフト Final Cut Pro X を MacBook Air で扱うならば、11インチのほうは画面サイズが小さく不便に感じるでしょう。13インチのほうが画面を大きく扱えて効率的です。

私はMacBook Air は11インチばかり買ってきた

そのような意見にも関わらず、私は2010年以降、MacBook Air は11インチモデルばかり買ってきました。

関連記事は下記です。
新型MacBook Air 11インチをゲット (小さなMacと大きなMac)
MacBook Air (Mid 2011) を妹にプレゼントしてみました
MacBook Air 11-inch (Mid 2012) をゲット

11インチモデルばかり買ってきた理由は簡単です。MacBook Air 11インチは軽くて、小さくて、可愛いからですw 昔から小さなMacが欲しかったのです!

初代MacBook Air は2008年1月に発売されました。初代MacBook Airは13インチのみです。私も初代MacBook Airを入手してとても便利に使っていました。

関連記事
書斎がないならMacBook Airを買えばいい – 複数台Mac所有の愉悦」(ぜひお読みください)

しかし、2010年11月に11インチのサイズのMacBook Airが出てからというもの、MacBook Air 11インチに首ったけです。

いつもリュックサックや手提げにぽいっとMacBook Air 11インチを入れています。このかばんを選ばずに「ぽいっ」と入れられる感覚。これは非常に大きな価値があります。

大人気のiPhone 6 PlusやiPad Air 2も持っており、どんどん進化するiOSデバイスの世界を楽しんでいますが、しかしモバイルできるMacが便利なんですよね。

11インチの小さな画面はテクニックでカバーせよ

上で述べたように13インチはより大きな解像度を持っており、より多くを表示できる性能があるわけですが、そこはテクニックでカバーしたいと思っています。OS X Yosemiteには Mission Controlという優れた機能があります。全画面表示を積極的に使うことによって、スクリーンサイズの小ささを補ってやろうという考えです。

画面下部にあるドックも左側に置いたりして、縦の長さを確保したりします。

またアプリの「Window Tidy」を使って、アプリのウインドウをきっちり確保し、1ピクセルも無駄にすることなく、画面を利用しています。

このようなテクニックを使うことで、11インチの小さな画面を余すことなくしゃぶりつくします。ハードウェアに制限があるならば、ソフトスキルでカバーしてやろうではありませんか!

結論: MacBook Air 11インチと13インチ、どちらを選ぶべきか

結論です。便利さを求めるならばMacBook Airを選んでください。ただし、モバイルしたくてその小ささにキュンとくるなら11インチを選ぶべきです。外モバも家モバも11インチは便利です。

最後にお勧めしたいことがあります。いちばんいいのは、Apple Store や家電量販店で実際にMacに触れてみることです。

右手に11インチを、左手に13インチをもってみる。じっくり触って比べてみる。Macをひっくり返して、底面を眺めてみる。店員さんに「11インチと13インチ、どっちがいいの?」「iMovieをやるなら13のほうがいい?」などとあれこれ質問してみてみる。そして質問に疲れたらカフェでお茶でも飲みながら、どちらがいいか考える。

そうして熟慮の末に出した結論が、いちばん納得できる買い物ものになると私は思います。じっくり悩むプロセスを楽しみたいのです。

そのけっか、もしかして「MacBook Air は11インチと13インチの2台持ちがベスト!」という回答になるかも?! ^^

MacBook Airを購入されたら、ぜひ Twitter や Facebook で私にどちらのモデルをえらんだか 教えてくださいね!

Apple Store でMacBook Airをみる方はこちら。

[追記 2015年1月7日] MacBook Air の最新の情報を踏まえて加筆訂正しました。

Return Top