オーケーマック

iMac (24 インチ, M1, 2021) の実機を見てきた

iMac (24 インチ, M1, 2021) の実機を見てきた

Appleが2021年5月21日(金)、全く新しいiMac を発売開始しました。

この iMacは、MacBook AirやMac miniでお馴染みの Apple M1 を搭載。24 インチディスプレイサイズを備えた最新の iMac です。

Apple M1は新しい iPad Pro にも搭載されていますね。

「えっ、4.5KディスプレイのiMacが出るの? まじか・・・」

ニュースを知った私は気もそぞろ。発売日、開店と同時に電気屋さんに飛び込んだのです。

24インチiMacにご対面

電気屋さんのMacコーナーには開封されたばかりと思われる24インチ iMac が既に設置されていました。こちらは最廉価のモデルです。

「わぁ・・・。」

思わず声をあげてしまいました。筐体もキーボードもマウスもケーブルも同じ色で統一されています。

24インチiMac付属のMagic Keyboard
24インチiMac付属のMagic Keyboard

今回Appleは7色のiMacを揃えてきました。7色ですよ!

デスクトップパソコンのカラーを7つも用意するなどとは。

家庭用パソコンの理想とは何かを創業以来、真剣に考えて抜いてきたAppleにしかできないことだと思います。

iMacは背面も美しく仕上げられています。とても高級な感じがします。

iMacの一番下のモデルは154,800円(税込)ですが、それでもこのクオリティを出せるとは。

Windows にも液晶一体型デスクトップパソコンがありますが、ここまで美しく仕上げられたモデルはちょっと思いつきません。

24インチiMacはめっちゃ薄い

iMacを横から見てみました。

するとiMacは物凄く薄いことがわかりました。

前のiMacではHDDやFusion Driveを使っていました。中にはSSDオンリーの機種もありましたが、フォームファクタとしてはHDDを内部に入れるということが前提でした。

しかし現在パソコンでは、一部の激安機種を除き、HDDが完全に廃れており、SSDをブートドライブに使うのが当たり前になっています。またそうなって久しいです。

HDDという、大きくてディスクスピードの遅い前時代のパーツを取り去って、SSDやSoCを使うという観点から再デザインされたiMacは2021年のいまにふさわしい筐体です。

iMac 24インチを一度見たら惚れ惚れしますよ。

27インチiMacユーザは24インチiMacをどうみるか?

私はこれまで 27インチiMacを愛用してきました。2014年の iMac 5Kと2017年の iMac 5Kです。いまでもバリバリ 5K のMacを使っています。

そんな27インチiMacラブな私ですが、24インチiMacは大変に素晴らしいモデルだと考えています。

Apple M1チップが大変優秀なので、性能面では2017年の iMac 5Kを越えています。

27インチを利用してきたものとして、懸念されるのはディスプレイとメモリです。

まずディスプレイについてですが、24インチiMacは4,480 x 2,520ピクセル。iMac 5Kよりも横は500ピクセル少ないです。Retinaディスプレイなのでその半分が少なくなる(ように見える)のですが、それでもダウンサイズされることに対して既存ユーザとしては少々不安があります。

次に、また現在のiMacではメモリを40GB使っています。メモリを自由に換装できるのがiMac 5Kの強みです。一方で、24インチiMacは標準8GBと最大16GB。ユニファイドメモリである点を考慮すると、単純な比較をするのは愚かだと思いますが、この点をまだ私自身調べて切れていません。

この2点については十分検討する余地があるのですが、しかし、トータルでみるならば2017年の iMac 27インチよりは今年の iMac 24インチの方が利があるでしょう。

ただ2020年のiMac 27インチと比較するならば、必ずしもそう言い切れるものではないと思います。Intel版iMac 27インチにも大きなアドバンテージがあります

24インチiMacは家庭用デスクトップパソコンの決定版

以上、24 インチディスプレイのiMacをお伝えしました。

今年のiMacはスリムでカッコよく、性能も素晴らしいです。

今多くの人がノート型パソコンを選んでいますが、私は「ちょっと待ってくれ」と言いたいです。iMac があるじゃないですか。

ステイホームが叫ばれる世の中で、パソコンにモビリティを求める理由が相対的に少なくなっているように思います。ノート型パソコンを持ち運びするという必要性が小さくなりつつあるようです。

むしろ24 インチディスプレイのiMacのような大画面の方が、おうち時間を楽しむのには好都合です。ケーブル一本させば、家庭内でどこにでも移動できます。重量も4.46 kgで軽量です。女性も持ち運びできる程度です。

仕事の都合で「どうしてもMacがなきゃダメなんだ」という方を除けば、外では iPhone 12 Pro Max や iPad を利用すればユーザのニーズを満たす世の中になっていると思います。

24 インチディスプレイのiMacは優れたデザインと性能で高性能。iPhoneとの親和性も抜群です。

▶︎▶︎ iMacをApple公式サイトで見てみる

この記事が気に入ったら「いいね!」


いいね!を550件いただきました。ありがとうございます!
Return Top