オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

マイクロソフト、iPad向けOfficeを国内で年内に開始

マイクロソフト、iPad向けOfficeを国内で年内に開始

マイクロソフトが本日10月1日、Office for iPadを日本国内向けに提供することを発表しました。

日本市場に最適化した個人向けの新しい Office を 10 月 17 日より発売

2014年内に日本語版を提供するとのこと。iPadユーザとしてたいへん胸が高まるニュースです!マイクロソフトのウェブサイトによると、今回Office PremiumとOffice 365 Soloを10月17日より発売するとのこと。

後者のOffice 365 Soloはサブスクリプションサービスで日本市場での展開が長らく望まれておりました。

ただしOffice PremiumもOffice 365 Soloも日本独自の製品だとのことです。

Office 史上最高におトクな Office 誕生 – Microsoft Office

今回の2つの製品について、かいつまんだ情報は下記の通りです。

PCプリインストール向けOffice Premium

まずOffice Premiumについてですが、こちらは従来からあるパソコンのプリインストール版です。特に目新しいことはありませんが、つねに最新版のオフィスが提供されるほか、1年間のOffice 365がついてきます。5800円で継続することもできます。

個人向けの定額サブスクリプションサービスのOffice 365 Solo

いっぽう今回の目玉であるOffice 365 Soloです。1年間のライセンスで価格は11,800円(税抜)

製品の内容は下記の通りです。

最新版Officeデスクトップアプリ(PCまたはMac向け:合計2台)

– Windows はOffice Professional 相当
– Mac は Home & Premium 相当
- 契約期間中は無償で最新版のOfficeにアップデート可能

Office 365サービス

– オンラインストレージOneDrive 1テラバイト
– マルチデバイスでのOffice製品利用
– Skype 月間60分無料通話(公衆回線向け)*3
– 無償サポート「アンサーデスク」提供

ここのマルチデバイスとは、Office for iPhone、Office for iPad, Office for Androidのことです。

私の見方

Office Premiumはウィンドウズの世界の話なのであまり興味はないのですが、Office 365 Soloにはたいへん関心があります。Soloはその名が示すように、個人向けであることを意味しています。

まず第一にPCまたはMacにオフィスが2台までインストールできること。私だったらデスク据え置きMacとモバイル用MacBook Airの2台にインストールしたいと思います。

つぎにOffice 365サービスです。ついにOffice for iPadが日本語化され、市場に出てくるとのこと。これはビジネスユースにうってつけなんじゃないかと思います。

AppleはIBMとパートナーシップを組んでエンタープライズにiPadを投入していく戦略を決めています。

Apple (日本) – Apple Press Info – AppleとIBM、企業のモバイルを一変させるグローバルなパートナーシップを締結

ビジネス顧客を相手にするならば、iWorkではお話しにならないでしょう。やはりOfficeが必要です。Office for iPadはAppleにとって追い風になるでしょう。

ただOffice for iPadが、デスクトップ版に比べてどれだけ機能制限されているか、私は試しておらず、現時点ではわかりません。ぜひとも日本語版のリリースを待ちたいと思います。

Return Top