オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、
海外版iPhone、iPad、Apple Watchなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

Macユーザが選ぶべき Windows PCはSurfaceだ

Macユーザが選ぶべき Windows PCはSurfaceだ

本記事では、Macを使っている人が「もし Windows PCを選ぶとしたら何が良いか」という点について述べます。

Macは Apple のパーソナルコンピュータです。Macの最大の魅力はハードウェア・ソフトウェア・サービスの連携性。iOSとの親和性も高く、たくさんのメリットがあります。私自身、10数年以上Macをずっと使ってきて便利で手放せないと感じています。

一方、Windows PCが必要なシチュエーションがあります。私はとある会社で勤務しているのですが、そこで稼働しているのマシンのほとんどがWindows PCです。Macはサポート部門に1台あるだけ。私自身が平日9時から5時まで働いているときに触っているのは Windows 10が搭載されたノートPCです。

また私が確定申告に使っている家庭用マシンは Windows PCです。申告用の帳簿を作成するソフトウェアがMacに対応していないため、 Windows PCを別途用意しているのです。(Bootcampは使っていません。)

このように、MacとWindows PCの二足のわらじを履いているのが私の現状です。Macだけでは完結できない仕事があります。

IBM ThinkPad はかつてこだわりの Windows PC だった

Macはさまざまなこだわりが魅力的ある製品です。では、もしこだわりのある Mac ユーザが Windows PC を選ぶとしたら何でしょうか? 私はかつてあったIBM の ThinkPad についてまず言及したいと思います。

IBM ThinkPad X40
IBM ThinkPad X40

ThinkPadは質実剛健で、うあはりこだわりのユーザが支持するノートPCでした。打ちやすいキーボード。プリインストールソフトの少なさ。メンテナンス性。どれも ThinkPad が提供した価値でした。

IBM ThinkPadは文字通りの「ビジネスマシン」なので、Macの世界観とは相入れないとことがあるのですが、それでも多くのユーザが愛したマシンであったと言えるでしょう。ここに Mac との相似形を私は見ます。

しかし、IBMは2005年にLenovo にパソコン事業を売却。現在は Lenovoが ThinkPad ブランドを継承しています。

今のLenovoのラインナップを見ると ThinkPad X1 などは頑張っている感がありますが、トータルにはLenovoっぽさがにじみ出ています。かつてThinkPadが体現していた価値とはだいぶ変わってしまったなというのが私の印象です。

もはやThinkPadを買いたいとは思えません。

Windows PCを選ぶならば Surface 一択。その理由とは

では2019年に目を向けてみましょう。いまMacユーザが注目すべきPCとはなにか。それは「Microsoft Surfaceシリーズ」です。

Surface Go
Surface Go

Surfaceには10インチの Surface Go、13.5インチの Surface Laptop、11.5 インチの Surface Laptop、15インチの Surface Bookといったノートシリーズと、ハイエンドデスクトップの Surface Studio があります。さらにLTEを搭載するモデルもあります。

2012年に登場した Surface は7年の時を経て、次第に洗練されてました。

Surfaceはドライバアップデートがいい

Surface が他の Windows PC よりも優位である理由について、順にご説明していきます。

Macと比較したとき、Windows には解決すべき課題が一つあります。それは「デバイスドライバ」の問題です。デバイスドライバとはハードウェアとOSをつなぐもの。Macはこの問題をもう10数年まえに解決済みですが、Windows PCでは「デバイスをインストールする」作業が必要です。自作PCユーザはこのデバイスドライバをインストールするところから設定が始まります。

しかしSurfaceは Microsoft が提供するWindows update ソフトウェアアップデートによってドライバが提供されます。これはめちゃくちゃ大きいと感じています。

私自身、Windows PC のクリーンインストールをしょっちゅうやるものですから、ドライバアップデートの手間を考えなくていいSurfaceには実に大きなメリットがあると考えています。初期化を重視するならば、ドライバ周りが楽なSurface がいいです。

Surfaceは顔認証がいい

Mac であれ、Windows であれ、モバイルデバイスであれ、ログイン時にはパスワードが求められます。これはセキュリティ上必要不可欠なことです。

例えば iPhone Xシリーズでは「Face ID」による認証が便利ですよね。顔を向けるだけでロックを解除してくれます。

同様に、Surfaceには Windows Hello が提供する顔認証があります。

Surface には Windows Hello 対応カメラがついている
Surface には Windows Hello 対応カメラがついている

パスワードをいちいち入力しなくてもすぐにログインできますからめっちゃラクです。これは特にモバイルシーンで役に立ちます。(周りの目を気にしなくても済みます。ショルダーハックを防ぎます。)

Surfaceのディスプレイの比率が3:2

Surfaceの優れた特徴の一つは、ディスプレイの比率が3:2であることです。

製品名 ディスプレイ 比率
Surface Go 10インチ 1800 x 1200 3:2
Surface Laptop 13.5インチ 2256 x1504 3:2
Surface Pro 12.3インチ 2736 x 1824 3:2
Surface Book 13.5 インチ 3000 x 2000
15インチ3240 x 2160
3:2

ディスプレイの比率が3:2であると、ウェブを見るのに好都合なんです。私たちは多くの時間をウェブブラウザを使うのに費やしていると思いますが、3:2のディスプレイは縦長です。スクロール回数がより少なくて済みます。ここは地味ながら大きなメリットです。

これに慣れてしまうと、多くのノートPCが採用しているフルHDを使うと「ちょっと・・・」となってしまいますw

保証サービスが早い

Macには「AppleCare」があります。AppleCareはメーカーが提供する延長保証サービスのこと。2年間延長してくれます。

一方、Surfaceには「Microsoft Complete for Surface」があります。

Microsoft Complete for Surface
Microsoft Complete for Surface

通常の Surface には、「1 年間のハードウェア保証」と「90 日間のテクニカル サポート」がついてきますが、Microsoft Complete for Surfaceはこれを延長するもの。お使いの Surface に問題があればメーカーがすぐに交換してくれます。「AppleCare」と似たようなものと考えていただいてOKです。

USキーボードもあるよ(タブレットモデル)

Surface シリーズの中でも Surface GoとProはタブレット型です。普段はキーボードをつないでおいて、不要時はキーボードを脱着するという使い方がおそらく一般的と言えるでしょう。

SurfaceのTypeカバーは日本語キーボードだけではなく英語キーボードも用意されています。

Surface Go タイプ カバー ブラック KCM-00019 英字配列
Surface Go タイプ カバー ブラック KCM-00019 英字配列

「USキーボードでないとちょっと・・・」というユーザさんもいらっしゃることでしょうが、Surface GoやProなら大丈夫です。

なお、日本ではSurface Laptop・Surface BookのUSキーボードを入手するのは難しいです。基本的に個人が輸入するしかありません。この点、是非とも 日本Microsoft には再考を願いたいところ。

(まとめ)Macユーザが選ぶべき Windows PCはSurfaceがいい

以上、Macユーザが選ぶべき Windows PCについて考えてみました。

世の中にはたくさん Windows PC がありますが、Macユーザ目線でいうと選ぶべきSurfaceが一番いいです。

ドライバ問題に煩わらされることがなく初期化がラクですし、顔認証は便利。3:2の画面の比率は使いやすいです。またメーカー独自の延長サポート体制もあります。

さらに付け加えるならば、他メーカーのパソコンにはゴミアプリがプリインストールされている可能性が高いのですが、Surfaceはゴミアプリが皆無です。この辺りも、Macユーザにとって心理的に受け入れやすいところと言えるでしょう。

Surfaceを購入するならばマイクロソフト公式ストアがおすすめです。公式ストアは、30日間返品無料です。もし使ってみて「自分には合わないな」と思ったら返品すればいいのです。高額な商品を買うにはうってつけの場所です。

また公式ストアでは、現在お得なキャンペーンがいくつか行われています。

まずSurface Pro 6 キーボードプレゼントキャンペーンについてです。こちらは対象が Surface Pro 6です。購入するとタイプカバー(ブラック)が無料になります。さらにマイクロソフトストア限定スリーブ(PCケース)が40%OFF、さらに Microsoft Completeが10%OFFになります。

次にSurface Laptop 2 またはSurface Book 2 キャッシュバックについてです。こちらは、Surface Laptop 2 とSurface Book 2が対象。最大37,000円のキャッシュバック。さらにマイクロソフトストア限定スリーブ(PCケース)が無料。さらにさらに Microsoft Completeが10%OFFになります。

学生さんは学生優待プログラムを利用すると安くなる場合もあるのでご注意ください。ちなみに学生さんのご父兄の方も安くなります。(小学生がいる私も対象ですw)

これらのキャンペーンは2019年4月14日(日)までです。安く買えるキャンペーン終了まであとわずかなので、Surface を賢く入手なさってください。

▶︎▶︎ マイクロソフト公式ストアでSurfaceをみてみる

この記事が気に入ったら「いいね!」


いいね!を540件いただきました。ありがとうございます!
Return Top