オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、
海外版iPhone、iPad、Apple Watchなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【朗報】Apple Watch Series 3 が大人気。iPhoneユーザなら時計はApple Watchでしょ

【朗報】Apple Watch Series 3  が大人気。iPhoneユーザなら時計はApple Watchでしょ

いま Apple Watch Series 3 が売れています。

さる2018年2月1日、Appleは2018年度第1四半期(2017年10月から12月)の決算発表を行いました。すでに報じられている通り、過去最高の売上高を記録しました。iPhone X が好調だとのことです。

その華々しい決算会見の中でAppleが Apple Watchについて述べた箇所があります。

「2018年度第1四半期において、Apple Watch Series 3 は前年同期のApple Watch Series 2と比べて2倍売れている」とのことです。

“It was our best quarter ever for the Apple Watch with over 50% growth in revenue and units for the fourth quarter in a row and strong double-digit growth in every geographic segment. Sales of Apple Watch Series 3 models were also more than twice the volume of Series 2 a year ago. Apple Watch is the most popular, smart watch in the world and gained market share during the quarter based on the latest estimates from IDC.” (Appleの決算発表より引用)

iPhoneやiPad、Macとは異なり、Apple Watchは売上金額や販売台数が開示されていません。したがって詳細を知ることは不可能です。

しかし、Apple Watch Series 3 が前モデルの2倍売れているという発言は重要です。多くの人がApple Watchの新製品を手に取っているのです。

初代Apple Watchは一定の人気を得たがそこまでの広がりを持たなかった

振り返ってみますと、2015年4月にApple Watch(初代)が発売されました。

「いよいよウェアラブルデバイスの真骨頂が到来したか!」

という世間の声とは裏腹に、Appleが期待するほど初代Apple Watch売れなかったそうです。

大変高価なApple Watch Editionも、庶民には高嶺の花でした。

初代Apple Watchはコンセプトはとてもよかったのですが、OSの作りもよくないところがあったり、ハードウェアの面でもっさりしていたところがありました。

発売から1年が経った頃には、初代Apple Watchはビックカメラなどでは大幅にディスカウントされて販売されていました。MacやiPhone、iPad がディスカウントされることはあっても、せいぜい10%です。大幅なディスカウントなんてあり得ませんよ。

watchOS 3の完成度の高さで、Apple Watchが一層魅力的に

それから1年半が経過した2016年9月に「Apple Watch Series 2」が登場しました。OSには watchOS 3 がインストールされており、これが抜群に使いやすかったのです。

私自身初代のApple WatchでwatchOS 3 を使っていたのですが、感動しました。不満点をしっかり潰して再度市場に投入されてきたOSは実に魅力でした。

Apple Watchはハードもいいですけれど、その真髄はOSにあると改めて思い知りました。Appleの技術力の高さを示すものです。

watchOS 3の魅力のあまり、私は Nike モデルのApple Watch を買ってしまったほどですw。でも、私だけではないでしょう。

完成度の高いApple Watch Series 3はより健康志向に

そして1年後の2017年9月にApple Watch Series 3が登場しました。Apple Watch Series 3はより健康志向になりました。ウェアラブルデバイスって、健康的な運動生活を求める人にとってぴったりだなと改めて思わされました。

Apple Watch Series 3はセルラーに対応しているので、通話もメッセージも送受信可能。Apple Musicもストリーミング再生できます。さらにCPUも高速化しており、快適に使えます。

Apple Watch Series 3のスタンダードモデルは「アルミニウムモデル」です。その製品ファミリーとして、ステンレススチールモデルや、Nikeモデル、エルメスモデル、Editionがあります。豊富なラインナップが取り揃えられている他、スペースグレイやブラックのケース素材にふさわしいバンドも増えました。

ユーザのニーズを巧みに取り入れどんどん改良されて、隙がなくなったのがApple Watch Series 3です。

本記事の冒頭で、Apple Watch Series 3が売れていると申し上げましたが、この事象は当然なことだと私は受け止めています。

Appleのティム・クックが生み出したウェアラブルは絶対に成功させなければならないというAppleの強い意志をこの製品に感じます。

Apple Watch の魅力は決して高価ではないところです。一番お安いモデルならば、27,800円から購入できます。普段使いやスポーツに使うならば、アルミニウムモデルは十分役立ってくれます。

また「オフィスにしていくのに見栄えのいいステンレススチール素材がいいわ」という方にとっては、64,800円 から購入できます。私自身、このステンレスのモデルを愛用しています。こちらのタイプは全てセルラーが搭載されているので、iPhone なしでも通話やメールの受信が楽しめるというオマケもついてきます。

私自身の感触としては、Apple Watch はSeries 2で化けたと感じています。製品としての成熟度が増したということです。そしてApple Watch Series 3は輪をかけて、あらゆる面で進化しています。

iPhoneユーザなら時計はApple Watchでしょ

我が国では多くの人が iPhone を楽しんでいます。Apple WatchとiPhoneの親和性は抜群です。

そもそもApple Watchは時計として優れています。時間が狂いません。

盤面もプリセットされたたくさんのものから選ぶことができます。

タイマーやストップウォッチも iPhone ライクでとても使いやすいです。

もしiPhoneをお使いならば、ぜひともApple Watch の世界を楽しんでほしいと思います。Apple Watchで暇つぶしはできません。けれど、一度身につけたら手放せなくなるのがこのApple Watchなのです。

もしApple Watchの購入を検討している方がいれば、ぜひ当サイトの解説記事をご参照ください。きっとお役に立ちます。

▶︎▶︎ 「Apple Watch購入ガイド:38mmと42mmのどちらを選ぶか(おすすめのモデルはこれ)」(当サイト記事)

Return Top