オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、
海外版iPhone、iPad、Apple Watchなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

あなたが本当に必要なApple製品リスト (Appleはこれだけ買えばじゅうぶんです)

あなたが本当に必要なApple製品リスト (Appleはこれだけ買えばじゅうぶんです)

あなたが必要なApple製品リスト(Appleはこれだけ買えば十分!)

わが国では iPhone が大変な人気を博しています。シンプルでカッコ良く、それでいて使いやすい iPhone は私たちの生活や仕事、勉強に欠かすことができません。

iPhone 以外にももっとAppleのことを知りたい。さらにApple製品を活用したい」という方も多いと思います。

Apple はとてもたくさんの商品をラインアップしています。中には「どれを買ったらいいのか」とお悩みの方もいらっしゃることでしょう。

この記事では、私たち普通の消費者にとって本当に必要なApple製品をリストアップしました。どれも私が長い時間かけて利用してきたものばかりで、製品の性能・品質は二重丸のものばかりです。

Apple製品はこのリストのものだけ買えば十分です。この記事を参考にして購入計画を立ててください。

iPhone SE (スマートフォン)

まず最初に買うべきは iPhone です。わが国で最も人気のあるスマートフォンが iPhone です。iPhoneを買っておけばハズれることがありません。

もしiPhone 6・iPhone 6 Plus以前の iPhone をお使いの方は、最新のiPhone に買い換えることを強くおすすめします。古いiPhoneはメモリが1GBしか搭載されていないためです。

▼写真は左から iPhone X・iPhone SE・iPhone 7。

2017年9月、AppleはiPhone X や iPhone 8/8 Plusを発売しました。この3つのiPhoneはAppleにとって極めて重要な製品です。私自身 iPhone X を入手し、その性能を日々楽しんでいます。

ただ、私はiPhone SEをよく使っています。iPhone X や iPhone 8/8 Plusと比較すると、iPhone SEは性能的には劣ります。SoCはApple A9と2世代前のものです。でも iPhone SE は小さくて軽いので、さっと手に取りやすいのです。iPhone Xと重さを比較してみると、その差は顕著にわかります。すごく軽いです。

中には「iPhone SEはiPhone 5と全く形状が変わっていないじゃないか」と悪口をいう人もいるかもしれませんが、そういう人はわかっていないのです。世代が変わって中身が一新されても、この握りやすいカタチにひたすらこだわり続けているのが Apple 流です。

iPhone SE は32GBモデルは39,800円で購入することができます。SIMフリーの iPhone がわずか39,800円で買えるのはとても魅力的なことだと私は思います。メモリは2GB搭載されていますから、iPhone 5sよりもずっと高性能です。

昨今、格安SIM・格安スマホの話題を耳にします。とくに中華メーカーの充実ぶりは目を引くものがあります。Androidもかなり使いやすくなっています。

けれど、私としては中華系格安スマホを選ぶぐらいならば、サンキュッパの iPhone SE を選びますね。中華メーカーに親しみを感じないことと、私の周りで iPhone を使っている人が多いことが主な理由です。iPhoneはApple Storeだけではなく、全国各地にサービスプロバイダがあります。そのようなサポートをすぐに得られるのも魅力です。

最新のテクノロジーの詰まった iPhone XやiPhone 8ももちろんいいです。しかし、iPhone SEでも性能十分です。何よりズボンのポケットにさっと入るのがとても気に入っています。引き続きiPhone SEを愛用していくつもりです。

▶︎▶︎ iPhone SEをApple公式サイトで見てみる

Apple Watch Series 3 (スマートウォッチ)

Apple Watch を初代からずっと愛用してきました。42mmのものや38mmのものなど計4台購入し、あれこれApple Watchを試してきました。

そして、私は今Apple Watch Series 3を利用しています。このApple Watch Series 3で5台目。本当に使いやすいと思います。ようやく理想の Apple Watch にたどり着いたという実感があります。

私が選んだのはステンレススチールのタイプ。リンクブレスレットのバンドを合わせています。毎日つけています。つけていないと落ち着きません。

Apple Watch Series 3のセルラータイプは電話番号を持つことができます。緊急地震速報にも対応していますから、ある意味スマートフォンといっても良いです。

Apple Watch Series 3にはSuicaが搭載されています。腕時計で決済するのはとても心地よいですよ。iPhone SE にはSuicaが搭載されていませんので、組み合わせるのもの良いですよね。

▶︎▶︎ Apple Watch Series 3をApple公式サイトで見てみる
▶︎▶︎ リンクブレスレットをApple公式サイトで見てみる

▼Apple Watch Series 3 のレビュー記事はこちらをご覧ください。

AirPods (Bluetoothイヤホン)

Apple 製品を利用して音楽を楽しもうと考えている人がいれば、AirPodsは実に優れたイヤホンです。iPhone で一度ペアリングを済ませてしまえば、iPad でも Mac でも簡単につながります。

「AirPodsのペアリングってこんなに簡単でいいんだ!」

と思わされるユーザ体験は、Appleの真骨頂ともいえるでしょう。AirPodsを耳に入れるとジャーンと音が鳴って接続したことがわかります。歩きながら利用しても、外れたりすることなくしっかり耳についていてくれます。

AirPodsを購入して1年以上経ちましたが、振り返ると外でも家でも愛用することができました。最近はようやく供給が潤沢になってきたので、興味のある方はぜひとも購入をおすすめしたいです。

▶︎▶︎ AirPodsをApple公式サイトで見てみる

iMac Retina 5Kディスプレイモデル (デスクトップパソコン)

iMac Retina 5Kディスプレイモデルは大変優れたデスクトップパソコンです。このサイトではなんどもiMac Retina 5Kディスプレイモデルを取り上げてきました。またiMacネタかよ!と突っ込まれる方もいらっしゃるかもしれません。

けれど、もう一度言わせてください。iMac Retina 5Kディスプレイモデルはマジで使いやすいです。

私はiMac Retina 5Kディスプレイモデルを3年間2か月使っていますが、実に満足度の高い製品だと感じています。総合的にバランスが取れているんです。

2017年9月、Appleは新しい macOS として High Sierra をリリースしました。High Sierraは前OSのSierraのブラッシュアップ版ともいえる製品です。基本的なところはそれほど変わったわけではありませんが、写真アプリがより使いやすくなったり、私たち日本語ユーザにとっては日本語変換の機能が上がったりと、確実に機能がアップしています。また細かいことかもしれませんが、ファイルシステムにAPFS採用しました。あたらしい時代のファイルシステムがMacにも搭載されるようになったことは着目すべきところです。

私の使っているiMac Retina 5Kディスプレイモデルは3年以上のものですが、パフォーマンスが落ちたと感じるところは2点あります。まず1つは液晶ディスプレイです。これについては、AppleCare を利用して交換してもらいましたところ、新品同様の美しい表示が戻りました。

もう1つはAppleキーボードです。キーボードは3年も使えば、だいぶ汚れてきます。キーボードは基本的に消耗品といってよいでしょう。それほどしょっちゅう変える必要はありませんが、物理的にへたっていくものですから、どこかの時点でリプレースする必要があります。AppleのMagic KeryboardやRealforceを導入しようと考えています。

この2点以外は、全く問題ないと感じています。OSを3世代にわたって更新してきましたが、OSを新しくしたことでなにかiMac自体の挙動が遅くなったということはありません

3年前、オプションと延長保証含めて30万円ほどの購入代金を支払ってiMacをゲットしたのですが、その判断はまったくもって正しかったと感じています。

なお iMac を購入しようという方は、Magic Trackpad 2をオプションで選ぶことを忘れないでください。

▶︎▶︎ iMac Retina 5KディスプレイモデルをApple公式サイトで見てみる

▼iMac Retina 5Kディスプレイモデルのレビュー記事はこちらをご覧ください。

MacBook (ノートパソコン)

Appleの小型パソコンMacBookを愛用しています。薄くて軽量で邪魔にならず、とても気に入っています。

Macはマルチアカウントに対応しています。ユーザの分だけアカウントを作ったり、ゲストアカウントを作ったりできます。

我が家は4人家族なので、MacBookに4つのアカウントを使っており、みんなで共有しています。とても便利です。

MacBookはUSキーボードを選びました。USキーボードは私のようにローマ字入力している者にとって、合理的な配列であると感じています。

▶︎▶︎ MacBook をApple公式サイトで見てみる

▼MacBook のレビュー記事はこちらをご覧ください。

USB Super Drive (DVDドライブ)

私たちの生活からだんだん円盤メディア(CDやDVD等)の存在感が小さくなっているようです。私自身、昨年を振り返ってみると、CDやDVDを一切買っていないことに気がつきます。

ただ、昔買ったソフトウェアがDVDでの販売だったなどという過去の経緯から、依然として私は円盤メディアを使うことがあります。

また子どもの発表会のビデオがDVDで配布されてくることがあることから、まだまだ円盤メディアとはお別れできないなぁと感じています。本当はYouTubeに上げてくれればそれでいいのですが、そうもいかない事情もあるのでしょう。

私は円盤メディアを扱うのに、Apple のUSB Super Drive を利用しています。

Apple のSuper Driveはデザインも良く、とても気に入っています。

▶︎▶︎ Apple USB Super Drive をApple公式サイトで見てみる

AirMac Express (Wi-Fiルータ)

我が家にとって欠かせないApple製品はAirMac Expressです。

AirMac Expressはワイアレスルーター製品ですが、プリンタをつないだりもできる多機能製品です。私はAirMac Expressをスピーカーにつないで、音楽を出力しています。

昨今、多くの音楽サービスが私たち日本の消費者に提供されるようになりましたよね。Apple Musicは学割もあるなど人気のサービスですし、さらにSpotify、LINEミュージック、Google ミュージックなどたくさんのオンラインサービスがあります。

私はApple MusicとAmazon Music Unlimitedを利用しています。iPhone でこれら2つのアプリから音楽を選んで、AirMac Expressにつないだスピーカーに音楽を出力させています。

私の家には子どもが2人おり、バイオリンを習っています。バイオリン教室で学んできたクラシックの曲をAppleやAmazonのミュージックサービスから選んで、それを食卓で流しながら晩御飯を食べているのです。

これまでBoseのBluetoothスピーカーを購入したことがあったのですが、最終的にはAirMac Express+スピーカーのほうばかりを多用しています。

▶︎▶︎ AirMac Express をApple公式サイトで見てみる

▼AirMac Express のレビュー記事はこちらをご覧ください。

まとめ: あなたが本当に必要なApple製品リスト

以上、必要なApple製品リストをまとめました。

Appleに関心のある人は、まず最初にこの7つの製品を検討して欲しいです。

Apple 製品の面白いところは、製品が巧みに連携しあうところです。さまざまな製品を一緒に使うと、相乗効果でどんどん使いやすくなります。

もしあなたが Apple をトコトン楽しみたいのならば、このリストが必ず役に立つはずです。是非とも参考にしていただきたいです。

Return Top