オーケーマック

海外版 iPhone SE (2020年モデル) が特価53,300円〜で販売中

海外版 iPhone SE (2020年モデル) が特価53,300円〜で販売中


海外版 iPhone SE (2020年モデル)が特価53,300円〜でEtorenにて販売中です。最大30%引きのセール特価。

こちらの海外版はグローバルモデルで、型番はモデルA2296です。

日本で販売されているiPhone SE (2020年モデル) と型番は同じですが、こちらの商品はシャッター音がなりません。それ以外の仕様は一緒です。

▶︎▶︎ 海外版 iPhone SE (2020年モデル)をEtorenで見てみる

海外版iPhone SEと日本版 iPhone SEの仕様の違い

今回セール価格になっている海外版iPhone SEと日本版 iPhone SEの仕様の違いをまとめました。

香港や台湾などの海外版iPhone SE 日本版 iPhone SE
型番 モデルA2296 モデルA2296
シャッター音 ミュート可能 ミュート不可
技適マーク(電磁表示) あり あり
Felica あり あり
SIMカード デュアルSIM(nano-SIMとeSIM) デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)

海外版iPhone SEであっても、技適がありFelicaが使えます。日本版とほとんどいっしょです。

唯一の違いはシャッター音をミュートすることができること。iPhone での写真撮影が楽しくなります

赤ちゃんやペットを撮影するときに、気兼ねなくシャッターを切れます。

海外版iPhone SEと日本版 iPhone SEの費用について

Etorenで販売されている iPhone SE は価格に輸入消費税が含まれていますが、送料が別途かかります。

例えば、64GBモデルを購入するのにかかる総費用は55,244円です。

一方、日本のApple Storeで販売されている iPhone SE 64GBモデルは49,280円(消費費税込)です。

Etorenで買う方が5,964円お高いです。この差額は、いわば「シャッター音オフ料金」と言えるでしょうか。

海外版iPhone SE はウザいシャッター音が鳴らないので、日本版を買うよりもオススメです。私自身海外版 iPhone しか買わないと決めています。シャッター音をユーザが自由にコントロールできる iPhone こそ本当の iPhone と呼ぶことができると考えています。

またこちらの海外版iPhone SE は技適もあるし、Suicaも使えます。約6000円の差額を出してでも海外版を買う価値があります。

iPhone SE はA13 Bionicを搭載。iPhone 11 Pro Max と同等のSoCです。Touch IDが便利で、生体認証がスムーズです。むしろ、マスクを常時つけていることを要求されるコロナ禍においては、Face ID よりも Touch ID の方がいいのではないでしょうか。

最大30%引きのセール特価は期間限定なので、iPhone SEを考えている方は海外版をチェックしてみてください。このチャンスをお見逃しなく。

▶︎▶︎ Apple iPhone SE 2020 64GB Black (eSIM)をEtorenで見てみる
▶︎▶︎ Apple iPhone SE 2020 64GB White (eSIM)をEtorenで見てみる
▶︎▶︎ Apple iPhone SE 2020 64GB Red (eSIM)をEtorenで見てみる

▶︎▶︎ Apple iPhone SE 2020 128GB Black (eSIM)をEtorenで見てみる
▶︎▶︎ Apple iPhone SE 2020 128GB White (eSIM)をEtorenで見てみる
▶︎▶︎ Apple iPhone SE 2020 128GB Red (eSIM)をEtorenで見てみる

▶︎▶︎ Apple iPhone SE 2020 256GB Black (eSIM)をEtorenで見てみる
▶︎▶︎ Apple iPhone SE 2020 256GB White (eSIM)をEtorenで見てみる
▶︎▶︎ Apple iPhone SE 2020 256GB Red (eSIM)をEtorenで見てみる

この記事が気に入ったら「いいね!」


いいね!を550件いただきました。ありがとうございます!
Return Top