オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【レビュー】27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを2年半使ってわかったその魅力

【レビュー】27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを2年半使ってわかったその魅力

【2017年6月9日更新】

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを私は2014年11月に購入しました。

それいらい私は2年半もの間、毎日のようにこのパソコンの前に鎮座しみっちりと使ってきました。そして27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルの魅力や、この機種のいいところ・気になるところがわかってきました。

この記事では、27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルについて、ユーザ目線からの徹底レビューをお届けします。

▶︎▶︎27インチiMac Retina 5KディスプレイモデルをApple公式サイトで見てみる

なおiMacの選び方・おすすめのカスタマイズ(CTO)について詳しく知りたい方は、当サイトの下記の記事をご覧ください。

→ 2017年のiMacの選び方・おすすめのカスタマイズ(CTO)について解説します(当サイト)

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを購入した理由

もともと私は15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを使っていました。このノート型パソコンのRetinaディスプレイは写真や字をとても綺麗に表示することができます。

そして、この15インチMacBook ProにApple Thunderbolt Display をつなげて使っていました。Thunderbolt Displayは27インチという大きな外部ディスプレイです。インターフェイスもたくさんついているため、ディスプレイ自体がいわばハブのような役割を果たしてくれます。

15インチのMacBook Proと27インチのThunderbolt Displayの組み合わせは私のお気に入りでした。

ただ唯一残念だったのが、Thunderbolt DisplayはRetinaディスプレイではないことです。このThunderbolt Display はIPS液晶を採用しており、とても綺麗なディスプレイなのですが、MacBook Proに搭載されている Retinaディスプレイと併用すると、どうしても画面の粗さ(dpiの低さ)が気になってしまいます。

そんなおり、Apple が27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを発売することがわかりました。このiMacは製品の名前が示すとおり、27インチという広大なRetinaディスプレイが大きな特徴となっています。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを店頭で実際に確認したところ、大きなRetina ディスプレイのド迫力に圧倒されました。

「字や写真がなんて綺麗なんだ・・・」

驚くべき高精細で綺麗な表示を楽しむことができるiMac Retina 5Kディスプレイモデルは、現存するデスクトップパソコンのなかでも唯一無二と思われました。私自身の環境では2つのディスプレイ(MacBook Proの15インチとThunderbolt Displayの27インチ)が1つに集約されるということで少々不安もありましたが、思い切って購入することにしました。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを自宅まで手で運んだ

私はApple 表参道の店頭で上記カスタマイズしたあと、手持ちで自宅に持ってきました。しょうじき重かったですー!

20141104imac5k327インチiMac をもって地下鉄の階段を上り下りしたり、車両に乗り込むのは本当につらかったです(笑)

Macはオンラインで購入すれば送料も無料なので、もう次回はオンラインで買うことにします。絶対に、店頭購入はしません。

▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルをApple公式サイトで見てみる

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを実際に使った感想

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを2年間使ってきて、5K Retinaディスプレイがすばらしいことをまず取り上げたいです。

この広大なRetinaディスプレイで見る写真や文字、電子書籍はとても見やすいです。

とくに字がハッキリクッキリ映し出されますので、見ていて目が疲れません。これはだれにとっても大きなメリットです。

Excel がとても使いやすい

またアプリを取り上げますと、私は MS Office for Mac を使っています。バージョンは Office 2016です。

この27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルで Excel を操作できるのは実に快適です。広大な画面を広々とスプレッドシートを扱えるのは感動的ですらあります。

20141123excelimaciphone0

27インチiMac Retina 5KディスプレイモデルではiMovieやGarageband、Lightroom がサクサク動く

つぎに27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルの速さについて取り上げます。

私が購入した27インチiMac Retina 5KディスプレイモデルはFusion Driveを搭載しています。Fusion Driveとは、SSDとHDDを二基搭載しており、それを1つの論理ドライブとして扱います。いわばSSDとHDDのいいとこ取りです。

このFusion Driveがとても速いのです。システムもアプリもサクッと起動します。Fusion DriveはHDDを積んでいるので、速さの面で足を引っ張るのかなと内心思っていましたが、杞憂でした。できればSSD一本にしたいところですが、1TBのSSDはベラボーに高いです! Fusion Driveは価格と性能の量を法を兼ね備えている優れたモジュールといえるでしょう。

またメモリについては、16GBに店頭で増やして使っていますが、この2年半ものあいだなんら問題はなかったと感じています。16GBも積んであるので、iMovieやGarageband、Lightroomのようなわりとメモリを食うアプリで大き目のプロジェクト(ファイル)を使用していても遅くなることがありません。

なので、27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは標準状態ではメモリが8GB搭載されているのですが、ハナから16GBにCTOカスタマイズしておいてよかったと思っています。贅沢を言えば、32GB積みたいとさえ思います。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルはとても静か。ファンがほとんど回らない

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを2年間通してつかってきて気づいたことがあります。それはとても静かであることです。

私は東京のとあるマンションに在住しています。その一室で27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを使っています。この2年間ほぼ毎日使ってきて、ファンが多少とも回った音を聞いたのはたぶん10日もないです。このMacとても静かなのです。

Macでも機種によってはうるさいものがあります。たとえば私が購入した範囲では、MacBook Air (Early 2008)やMacBook Air (Mid 2009)はすぐにファンが回りました。これには閉口させられました。

しかし27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは静穏です。この静穏はスペックシートには現れませんが、とても重要な評価項目です。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルではパソコンのわずらわしいファンの音に悩まされることがありません。私はこういうところがとても気に入っているのです。

27インチiMac Retina 5KディスプレイモデルはMac初心者におすすめだ

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは大きな高解像度を備え、なおかつ速いです。何をやらせても快適なのがこのマシンです。デスクトップパソコンの最高峰といってもいいぐらいです。

私はこの27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを、Mac初心者にオススメしたいです。iMacは設置も簡単です。箱から取り出して、電源をつなぐだけ。あとはキーボードやマウス、トラックパッドをBluetoothでつなぐだけです。そして大きな画面でMacを使うことができる。Macに不案内な人こそ、この快適な経験を享受すべきです。

Macのラインナップには Mac mini や Mac Pro もありますが、これらはどちらかというと上級者向けMacです。使うのにあたり適切なパーツの選定など、あれこれ考える必要があります。パソコンをいじること自体が趣味ならば、Mac mini や Mac Pro もよい選択肢です。

しかし大多数の私たちにとってはPCパーツをあれこれ考える時間は、あまり生産的ではないです。iMac 5K Retinaディスプレイは、購入すればベストな状態ですぐに使い始めることができます。

なお21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデルという小さいディスプレイのiMacもあります。こちらはさまざまな面でスペックが27インチモデルに劣ります。どうしても21.5インチモデルのサイズでなきゃだめ、というかたにはこちらの小さいほうがよいのでしょうが、普通の方には27インチモデルがオススメです。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルの気になるポイント

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルのデメリット、よくない点について取り上げます。このパソコンは残念ながら可搬性に優れているとはいえません。重量がおよそ9.5kgありますから、持ち運びには不便です。可搬性重視の方は ノート型Macを選ぶべきです。

またハードなPCゲーマーには、27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは向かないです。パソコンゲームでスペックを求めようとすると、iMacのハードウェアではパフォーマンスに不満が出かねません。とく最新の3Dゲームではそのような不満がすぐに出そうです。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは、ストレージ・CPU・GPUの変更ができません。通常利用では初期状態で十分なスペックを備えていますが、ゲームのような多大なパフォーマンスを求める場合には向かないでしょう。

ただ、そもそもMac自体ハイエンドゲームに向かないといえるかもしれません。PCゲームがメインの方は、パーツの選定が自由にできるWindowsを選ぶほうがよいです。

最後に:27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを2年半使ってわかったその魅力とは

以上、27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルの魅力について述べてきました。過去2年半ずっとつかってきて、この27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルに全く不満がないというのが実感です。

CPUは高速なIntel Core i5を搭載しています。Fusion Driveはサクサクアプリを起動してくれます。27インチディスプレイRetinaディスプレイでみる写真・表計算・テキスト・電子書籍は綺麗です。メモリ16GBを積んでいるので遅延がでません。また最新の macOS Sierra はキビキビ動作します。最新の Office for Mac 2016もちゃんと走ります。

私の理想のMacがこの27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルです。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルはもしかしたら高いかもしれませんが、私は5年間使うつもりです。下手に安いパソコンを買って1年後に不満に思うより、それなりのスペックのパソコンを長く愛用するのが一番満足いく買い物だと思っています。

2017年の27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル、オススメの構成は?

最後に、2017年6月に発表された、新しい27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルについてお伝えします。

新しい27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは特にディスプレイが美しくなりました。第7世代のCPUを搭載し、グラフィックもRadeon Pro をつんでいます。ハイエンドモデルはグラフィックのVRAMが8GBです。

さらにメモリは64GBまで搭載可能です。これは驚異的です。

ではどのような構成で27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを購入すればよいのでしょうか?

まず、27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは3種類用意されています。この中で1番下のモデルで十分です。もちろんお金があればハイエンドのものを選んでください。しかし普通に使うなら1番下のモデルで全く問題ないです。

ハイエンドモデルを選ぶ理由は、グラフィック「Radeon Pro 580」です。8GB もの VRAMを搭載しています。ビデオ編集をガリガリやる、BootCampでWindowsのゲームをやる、3Dレンダリングをバンバンやるというのであれば、一番よいハイエンドモデルにしてください。

次にメモリです。すべてのモデルで、標準で8GBのメモリを搭載しています。ただ、私はCTOで16GB、できれば32GBにしていただくことをお勧めします。メモリは、作業机に例えることが出来ます。メモリがたくさんあればあるほどアプリをたくさん同時に使うことが出来ます。

メモリには金を出す価値があります。CPUよりもグラフィックよりも、まずはメモリを潤沢に持つことが優先順位が高いです。

iMacを買えば5年は使えるでしょう。5年間ずっと快適に使うために、購入時から16GB、できれば32GB積んでおくのがよいです。なお後日ユーザが増設することが可能です。CTOはApple公式サイトで行うことが出来ます。

またマウスは「Magic Trackpad 2」に変更してください。4,000円追加でかかりますが、Magic Trackpad 2はとても使いやすいです。

2017年の27インチiMac 5K Retinaディスプレイの選び方・おすすめのカスタマイズ
  • 27インチiMac Retina 5Kは一番下のモデルで十分な性能を有しています。
  • ストレージは標準のFusionドライブで全く問題ありません。さらに速いものを求める方はCTOでフラッシュストレージを選んでください。
  • CPUは変更の必要はありません。
  • メモリは標準の8GBのままでもいいですが、CTOで16GBや32GB、64GBにしておくと長く使えます。32GBが一番おすすめ。
  • マウスは「Magic Trackpad 2」にCTOで変更してください。Magic MouseよりもMagic Trackpad 2の方が使いやすいです。
  • 数字を扱う方はテンキー付きのMagic KeyboardをCTOで選んでください。

当サイトでは、2017年のiMacの選び方、カスタマイズについて更に詳しくご説明しております。下記の記事をあわせてご参照ください。

→ 2017年のiMacの選び方・おすすめのカスタマイズ(CTO)について解説します(当サイト)

 

このような構成の 27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは、あなたにとって末永く愛用できるマシンとして役立ってくれるでしょう。5年間は普通に動いてくれます。

Apple の最高のデスクトップマシン、27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルを楽しみましょう!!

▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルをApple公式サイトで見てみる

 

(最終更新:2017年8月19日)
Return Top