オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhone 6s/iPhone 6s Plusが持つ10の魅力

iPhone 6s/iPhone 6s Plusが持つ10の魅力

Appleが2015年9月9日、iPhone 6siPhone 6s Plusを発表しました。この新しい iPhone をいまかいまかと心待ちにしていた人もおおいのではないでしょうか。

20150910iphone6s

iPhone 6s・6s Plusとはいったいなにか。その魅力を10個、ご紹介したいと思います。

3D Touch

iPhoneはその登場時からマルチタッチジェスチャー機能を搭載していました。ピンチやスワイプなど、おなじみの操作方法です。

こんかい、iPhone 6s・6s Plusに新たに「3D Touch」機能が搭載されました。この新しい機能を使うと、ボタンを深く押すなどといった擬似的な感覚が得られ、新しいユーザインターフェイスとなっています。

この「3D Touch」は、Taptic Engineによるものです。Apple Watchや新型MacBookにすでに搭載されている機能ですから、すでにおなじみの方も多いと思います。

今回AppleはこのTaptic Engineを iPhone 用として仕上げてきております。Apple WatchやMacBookの機能のままをiPhoneにもってきたわけではありません。

7000番台アルミニウム

iPhone 6s・6s Plusには新しく7000番台アルミニウム合金が採用されています。アルミニウム合金は軽さと強度を備えた金属材料です。

アルミニウム合金は、国際アルミニウム合金名が採用されております。これは4桁の数字からなるのですが、7000番台はアルミ合金中の最高強度です。

iPhone 6s・6s Plusにたいしては、しばしば曲がりやすいという批判がありました。私個人としてはその批判に対してはいちゃもんではないかと首を傾げたくなるようなものもありますが、しかしiPhoneのボディが強化されるのは大歓迎です。

強化されたガラス

iPhone 6s・6s Plusには4.7インチ及び5.5インチのディスプレイが備わっています。それをガラスが覆っています。

こんかいAppleは「世界中のあらゆるスマートフォンの中で最も丈夫なカバーガラスで作られている」と述べています。

具体的に最も丈夫なカバーガラスがなんなのか現時点でははっきりしませんが、根拠があって述べていることには間違いありません。

iPhone 6以前のモデルよりも丈夫になっていると言えます。

64ビットアーキテクチャ A9チップ (M9モーションコプロセッサも)

iPhone 6s・6s Plusは新しいA9チップが搭載されています。このAppleのCPUは前の世代よりも最大70%向上しているとのことです。またグラフィックパフォーマンスに至ってはなんと最大90%も向上ているというから驚きです。

またM9とよばれるモーションコプロセッサも搭載されます。これはA9とは別のプロセッサとして働き、たとえばフィットネスデータなどを取得します。

さらにM9のおかげで、iPhoneが電源につながっていなくても「Hey Siri」機能が利用できます。

第二世代 Touch ID

Touch ID は指紋でiPhoneのロックを解除できる機能です。このTouch ID のセンサーが強化され、より速くなりました。

このTouch ID はiPhone を使う上でさまざまなアプリケーションでも利用できるようになっております。たとえば日記アプリの Day One では書いた日記をこのTouch ID で解除する、などということがk

先進的なLTEと、より早くなった Wi-Fi

iPhoneは携帯電話ですから、ネットワークの速度はその本質に関わります。iPhone 6s・6s Plusは4G LTE Advanceを搭載しています。最大で300MBpsの速度が出るそうです。

我が国においては、NTTドコモがPREMIUM 4Gを発表しました。これを使うと、下り最大262.5Mbpsも速度が出るそうです。これは驚異的です。

NTT Docomo PREMIUM 4G

新しいiPhone 6s・6s Plusを購入希望される方は、お使いの携帯電話キャリアのネットワークの品質もまた検討に入れるとよいです。

12メガピクセルのiSightカメラ(背面)

iPhone 6s・6s Plusの最も注目すべき機能の一つはカメラではないでしょうか。iPhoneのカメラで写真を撮るのはとても楽しいことです。

iPhone 6s・6s Plusでは12メガピクセルの写真を撮れるようになりました。先代が8メガピクセルだったので、センサーが進化しています。

4Kのビデオ撮影

iPhone 6s・6s Plusでは4Kのビデオが撮影できるようになりました。従来のiPhoneではHD (1920×1080)の動画が撮影できましたが、新しいiPhoneでは、3840×2160もの大きさのビデオを撮影できます。これは素晴らしい!

4KのビデオをMacで編集したり、あるいはiPad Proで編集するなどといったことが考えられます。

5MPのFaceTimeカメラ(セルフィー用)

iPhoneの前面カメラが1.2MPから5MPに進化しました。FaceTimeビデオやセルフィーが楽しくなります。

iPhone 6s selfie

素敵なお姉さんには、ローズゴールドがよく似合いますな!!

Live Photos

iPhone 6s・6s Plusには、Live Photosという新機能が追加されました。撮影した写真を残すだけではなく、その前後の瞬間の動きや音を同時に記録するというもの。

私はこれは注目に値する新機能だと思います。従来の写真撮影を拡張する機能です。

いまiPhone 6s/6s Plusには128GBものストレージが積まれています。私はこの大容量を活かして、Live Photosを使いたいと思います。

おわりに

以上、iPhone 6s・6s Plusが持つ10の魅力をご紹介しました。新しいiPhone 6s・6s Plusのこれらの機能をぜひ楽しみたいと思っています。

Return Top