オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【レビュー】ますます魅力的な進化を遂げた「iPad mini 4」

【レビュー】ますます魅力的な進化を遂げた「iPad mini 4」

Appleが2015年9月9日に行われたスペシャルイベントで、iPad miniの後継機種「iPad mini 4」を発表しました。

iPad mini 4がついに登場! その魅力的なスペック

iPad mini 4は、9.7インチのiPad Air 2をそのまま7.9インチの大きさに凝縮したようなもの。薄さは6.1mm、298,8gとなっています。iPad mini 2が薄さ7.5mm、重さ331gですので、約32gも軽くなっています。このように薄くなり軽くなっている点はユーザビリティにとり決定的です。

iPad mini 4は iPhone 6やiPhone 6 Plusと同じ、Apple A8チップを採用。64ビットですから、大きなパフォーマンスを期待できます。

iOS 9が動くiPad Air 2にSlide Over・Split View・ピクチャ・イン・ピクチャといった、iPad独自の機能が搭載されることになっています。同様にiPad mini 4もA8というすぐれたCPUを積んでいるため、これらの機能が使えるようになります。

またTouch IDテクノロジーを搭載。ほかにもカメラやネットワークの性能、センサーところや、ディスプレイには反射防止コーティングが施されてているなど、iPad Air 2と瓜二つです。

iPad mini 4には、Appleが開発した最新のモバイルOS「iOS 9」が搭載されています。

iPad mini シリーズの7.9インチは絶妙な大きさである

私は7.9インチのiPadがとても好きです。絶妙なサイズだと思います。iPad mini は7.9インチですから、ズボンのポケットには入りませんが、バッグにいれても持ち歩くのにとてもよいサイズです。

初代iPad mini は2012年10月に出てきました。私もアメリカで販売されているiPad miniを友人の力を借りて入手しました。その当時、SIMロックフリーなiPadは日本では販売されていなかったのです。

初代iPad miniについては、かなり思い入れを込めて、ブログでレポートしてまいりました。

また2013年10月にでたiPad mini 2(旧称:iPad mini Retinaディスプレイモデル)も同じく海外版をエクスパンシスでわざわざ発注しました。

海外から端末を輸入するという行為もまた楽しかったです。

iPad mini 3は見送ってしまった・・・。

そんなiPad mini 好きな私ですが、iPad mini 3は見送りました。

なぜか? iPhone 6 Plus を買ったからです。iPhone 6 Plusは5.5インチ。かたやiPad mini シリーズは7.9インチ。これは被ります。

iPhone 6 Plusはいわゆるスマートフォンのなかでもファブレットと呼ばれるカテゴリーに属します。タブレットに限りなく近いけれど、スマートフォンでもある。そんな性格を備えたサイズが5.5インチです。

そんなiPhone 6 Plusを使っていると、ひっきょう iPad mini のサイズはいらなく感じました。

iPad mini 3を見送ったもう一つ理由は、iPad mini 2とスペックが限りなく近かったからです。iPad mini 2にtouch IDをつけただけでは買い増しする対象とは言えませんでした。

4〜4.7インチのiPhoneの組み合わせにふさわしいiPad mini 4

2015年のことし、私はiPhone 6 Plusの後継機種 iPhone 6s Plus は買いません。そのかわり、iPhone 6sを買うつもりです。iPhone 6sは4.7インチ。スマートフォンとしてはごく標準的なサイズです。

私はこの4.7インチクラスのiPhone 6s やiPhone 6、そしてiPhone 5/5c/5sに組み合わせるタブレットとして、iPad mini 4 がうってつけなのではないかと考えています。これだけサイズが異なれば、被りません。

またAndroidスマートフォンやガラケーとも組み合わせるのにiPad mini 4は適切だと思います。

iPad mini 4はセルラーモデルを選ぶべき

さてiPad mini 4には、Wi-FiモデルとWi-Fiセルラーモデルがあります。Wi-Fiセルラーモデルのほうが14,000円お高いです。

ではどちらを買うべきでしょうか。

答えはWi-Fiセルラーモデルです。外でもセルラー通信ができるというのはとても大きな価値があります。さいきん話題の格安MVNOのSIMを指して使うべきです。月額1000円弱から使えます。

せっかくコンパクトなiPad mini 4があるというのに、外でセルラー通信できないなんて、もったいなすぎます。

ご自宅や職場の WI-FIしか使わないよと断言できるならば話は別ですが、たいていのひとにとって iPad mini を外に持ち出して使う方が楽しいです。

Wi-Fiセルラーモデルには14,000円を追加で支払う値打ちがあります。

日本のApple Store で販売されているiPad mini 4はSIMフリーモデルなので、ドコモ・au・ソフトバンクのSIMはもちろん、ドコモ系MVNOのSIMを指して楽しむことができます。

iPad mini 4はぜひともセルラーモデルをご検討ください。

iPad mini Retina スペック
• OS: iOS 9
• CPU: A8 プロセッサ
• スクリーン: 7.9 インチ 2048 x 1536 IPS
• RAM: 2GB
• ストレージ: 16GB、64GB、128GB
• カメラ: 8メガピクセル(背面)・1.2メガピクセル(前面)

iPad mini 4の価格について

iPad mini 4の価格は下記の通りです。(税抜)

Wi-Fiモデル Wi-Fi + セルラーモデル
16GB 42,800円 56,800円
64GB 53,800円 67,800円
128GB 64,800円 78,800円

iPad mini 4は、初代iPad miniからはもちろん、iPad mini 2、iPad mini 3ユーザにとってとても魅力的な買い替え対象であると私は考えています。

▶︎▶︎iPad mini 4をApple公式サイトで見てみる方はコチラ

Return Top