オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

お気に入りのWebページは“Web受信”フォルダに保存すると便利!

お気に入りのWebページは“Web受信”フォルダに保存すると便利!

MacでWebページを見ている時、しばしば保存しておきたいと思うことがあるでしょう。

保存するためにはいくつかの方法があります。まずブックマークに入れておく方法があります。これは非常によく使われる方法です。

またリーディングリストにいれておくという方法もあります。リーディングリストにいれておけば、MacだけではなくiPhone/iPadからでも読むことが可能です。オフラインでも読めてしまうので便利です。

さらにまた紙に印刷しておくという方法もあるでしょう。実際の紙に印刷しておけばデジタルデバイスがなくても読めます。

しかし紙に印刷するとお金がかかります。また保存のための場所もとります。

私が提案したいのは、Webページは”Web受信”フォルダにPDFで格納しておく、というものです。私がMacを使って数年来、この方法でページを保管しています。大変便利ですよ!

Webページを、”Web受信”フォルダにPDFで格納する方法

Webページを、”Web受信”フォルダにPDFで格納する方法はとても簡単です。

まず目的のWebページをSafariなどのブラウザで開きます。

20150112webreceipt0

つぎにSafariのメニューバーから「プリント」を選びます(Safariの場合)。

20150112webreceipt1

Tipsなおコマンドキー + P がショートカットです。ぜひともこのショートカットを覚えてください。

印刷する画面が出てきました。ここで物理的なプリンタが Mac につながっていても構いません。画面下部にある [PDF] というボタンにご注目ください。

20150112webreceipt2

このPDFボタンをクリックするとメニューが展開します。今見ているWebページをさまざまな方法でPDFで保存することが可能です。ここでは PDFを”Web受信”フォルダに保存 を選びます。

20150112webreceipt3

すると書類フォルダのなかに、「Web 受信」というフォルダが作成されます。

20150112webreceipt4

ここに目的のWebページが自動的に保存されます。

20150112webreceipt5

保存した WebページはPDF形式で保存されますから、 Spotlight 検索をかけたりすることで簡単に見つけることができます。

また紙に印刷することももちろんできます。20150112webreceipt6

最後に: 気になるWebページはとりあえず”Web受信”フォルダにいれておくこと

以上、Webページを、”Web受信”フォルダにPDFで格納する方法をご説明しました。とても簡単ですよね。

ブックマークやリーディングリストなどの方法もありますが、PDFで保存しておけばSpotlight検索することでファイルの内容・詳細をすぐに呼び出すことができます。これは優れたMacの書類管理方法です。

Macユーザの方は、ぜひともこのWebページは”Web受信”フォルダにPDFで格納しておく方法をマスターなさってください。とても便利ですよ!

Return Top