オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

SIMフリーiPhone+ドコモ契約回線を月1043円で使う方法

SIMフリーiPhone+ドコモ契約回線を月1043円で使う方法

Appleが11月22日、日本国内においてSIMフリーiPhone 5s 及び 5c の販売を開始しました。このニュースは、モバイル業界に大きな衝撃を与えました。ソフトバンクモバイル、KDDI、NTTドコモの国内3大キャリアに加えて、Apple自身もiPhone 5s/5c を販売するという状況が生まれたことで、iPhoneを取り巻く状況はより選択肢が増しより面白くなっています。

SIMフリーのiPhoneは消費者にメリットがあるのか

消費者レベルで見た場合、SIMフリーiPhone 5s/5cはおトクなのかどうなのかが最大のポイントになります。日本のApple公式サイトで販売されているSIMフリーiPhone 5s/5cは少なくとも6〜7万円はします。一口に6〜7万円とはいいますが、結構な金額です。SIMフリーiPhone 5s/5cはそれほどのお金を出すに値するプロダクトなのでしょうか?

じつはSIMフリーiPhone 5s/5cは契約次第で運用コストを劇的に下げることができます。私はSIMフリーiPhoneをドコモ契約の回線を用いて月1043円で使用しています。その方法を本エントリでお伝えします。

そもそもSIMフリーのiPhoneとは

まず日本国内において販売されているSIMフリーiPhone 5s、5cについてもう一度確認しておきたいと思います。ここでApple自身による説明を引用します。

SIMフリーのiPhoneについて。 SIMフリーのiPhoneにはiPhoneのすべての機能が搭載されていますが、ワイヤレス契約義務はありません。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの対応するワイヤレスネットワークの通信事業者からお好きな事業者を選び、iPhoneをアクティベートして使用することができます。SIMが利用できるかどうか、およびSIMの詳細については、利用する通信事業者にお問い合わせください。SIMフリーのiPhone 5cとiPhone 5sは、一部の国では4G LTEネットワークに対応しない場合があります。詳しくは通信事業者にお問い合わせください。
Apple Store (Japan) の説明より引用

Appleが明言しているのは、まず第一にSIMフリーiPhone 5s、5cの購入にあたってはワイヤレスの契約はいらないということです。端末単体だけを購入することができます。

第二に、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクで使用可能だということです。その3大キャリアとの契約があるSIM(iPhone 5s、5cのSIMの形状は nano SIM)を刺せば通話や通信を利用することができます。

第三に、MVNOについては言及されていない点を指摘しておきたいと思います。MVNOとは仮想移動体通信事業者のことであり、具体的には、NTTドコモのMVNOとしては日本通信、IIJ、NTTコミュニケーションズ、楽天ブロードバンドなどがあります。Appleの公式な見解としては、MVNOについては関知しないというものです。

SIMフリーiPhone 5s、5cをMVNOで使用することは可能。しかし制限が気になることも

しかしMVNOでもSIMフリーiPhone 5s/5cが動作することは確認されております。たとえばMVNOの代表例の一つ、IIJの提供する「IIJmio」は次のようなブログ記事において検証し、動作を確認しています。

てくろぐ: IIJmio高速モバイル/D iOS別 iPhone・iPad動作状況

IIJmioが「iPhone 5s・5cでは、設定画面からAPNの設定を行う事ができません。Wi-Fiなどでインターネットに接続してAPN構成プロファイルをインストールすることで、APNの設定を行う事ができます。」と述べておりますように、APN構成プロファイルをIIJmioのサイトからダウンロードすることで、APN名、アカウント名、パスワードを入力するようになります。

IIJは最新の iOS 7.0.4 においてLTE接続が可能である(SMS対応SIM)と述べています。IIJmioが提供する最もお安いプランは月額945円です。最大200kbpsの速度となります(クーポン非適用時)。

この最大200kbpsの速度については数字だけ見ていると「いかにも遅い」という印象を持たれるかもしれません。しかしメールやLINE、Twitter、掲示板、軽いウェブサイト閲覧など、テキスト中心の利用がメインであればなんら問題ありません。これは私も実体験済みです。

さらにMVNOの代表例をご紹介します。NTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」は、月額980円のコースでは、1日30MBまでのLTE/3G通信を楽しむことができます。これを越えると最大200kbpsの速度となります。

一日あたり最大30MBという通信制限ですが、Webサイトは約120ページ、テキストメールは約6000通、動画は約15分は閲覧できます。たとえ通信容量を使い切ったとしても最大200kbpsの速度で通信は可能ですし、翌日0:00になったら制限は解除されます。

「IIJmio」や「OCNモバイルONE」などのMVNOのサービスはいずれもデータ通信にやや制限があるものの、月額コストを抑えるのに適したプランです。

私のドコモ契約の通信料はたったの1043円/月

上で見たようにMVNOを利用すれば、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの提供するモバイルデータ通信よりもはるかに低いコスト、せいぜい月額980円でSIMフリーiPhoneを利用することが可能です。

しかしせっかくのiPhone 5s/5cですから、「制限をあまり気にせずに、もっとリッチなコンテンツを楽しまないとiPhoneがもったいないよ!でも月額コストも抑えたいな!」というニーズもあるのではないでしょうか。

ここで私のNTTドコモの契約をご紹介します。私はSIMフリーiPhone 5sにNTTドコモ契約のSIMを刺しております。

20131206ds0
私のiPhone 5s。「docomo LTE」という文字が見えます。

ドコモの「Xiデータプラン ライト にねん」で契約する

NTTドコモの契約はデータ契約です。具体的には「Xiデータプラン ライト にねん」を利用しています。「Xiデータプラン ライト にねん」とは、毎月の利用データ量が3GBまで利用可能なプランです。(超過すると通信速度が128kbpsに制限されてしまう)※通話は不可。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは7GBと定めているのに対して、3GBとは半分以下でやや心もとないかもしれません。しかし3GBってかなり大きいですよ。普通の人であればまず3GBも使い切りません。動画をよく見るという方であればもしかしたら足りなくなるかもしれませんが、動画はWi-Fiで見るよ、という使い分けを利用なユーザは3GBでまず不自由はしないと思います。

「Xiデータプラン ライト にねん」は定額月額4,935円ですが、キャンペーンによる値引きで月額3,980円です。さらにプロバイダに接続するためにspモード(月額315円)の契約が必要になってきます。

「おいおい、それじゃずいぶん高額になるじゃないか!意味ないじゃん!」と思われるかもしれません。

しかし「Xiデータプラン ライト にねん」は月々サポートが適用されるプランであることに着目すると話は変わってきます。

ディズニーモバイルN-03Eは新規でも月々サポートがたくさん付与される

下記は先日私が購入したNTTドコモの「ディズニーモバイル N-03E」です。このAndoridスマートフォンであるN-03Eはさる10月4日より月々サポートが新規の契約で3255円貰えることになりました。これは24回続くわけですから、合計でなんと78,120円分です。かなり大盤振る舞いな施策だということができます。

20131206ds1
月々サポートがてんこ盛りのディズニーモバイル N-03E

ドコモからの請求書明細

したがって、この月々サポートを考慮するとNTTドコモからの請求額は下記のようになります。

内訳項目

内訳金額

内訳等詳細

3,791 4,700 基本使用料(Xiデータプランライトにねん)

 

-909 Xiデータプランライト割

 

 

 
-2,797 300 付加機能使用料(spモード/メール等含む)[月額]

 

500 付加機能使用料(Uスタンダードプラン)[月額]

 

-500 Uスタンダード初回申込割引料[月額]

 

-3,100 月々サポート適用額

 

3 ユニバーサルサービス料/基本[月額]

 

 

 
49 49 消費税等相当額(合計)

 

 

 
1,043 1,043 合計

My docomoからの抜粋はこちら。

20131206ds3
(図をクリックすると大きくなります)

以上は私の実際の請求額です。ユニバーサル料や消費税を含めて月額1043円となります。月額1043円で毎月3GB分のモバイルデータ通信をフルで楽しめるというのは大きいです。上で紹介したMVNO各社のプランよりも100円ぐらい高いだけですから、この金額差だったらMVNOを選ぶ必要はあまりありません。

N-03Eで契約したSIMをナノSIMにして、SIMフリーiPhone 5s/5cに入れる

このN-03Eで契約したSIMをSIMフリーiPhone 5s/5cにいれて使用します。

N-03EはSIMの形状が「マイクロSIM」です。iPhone 5s/5cは「ナノSIM」を採用しているので、このままでは入りません。

N-03EのマイクロSIMを、自己責任ではさみを入れてチョッキンしてもいいのですが、あまりおすすめはできません。ドコモショップにいくとSIMの交換(再発行)をしてくれます。手続きにかかる費用は2100円です。 私は手先が器用ではありませんのでドコモショップにお願いしました。ショップの店員さんは快く引き受けてくださいました。

N-03EのようなAndroidスマートフォンで契約したSIMであっても、SIMフリーiPhone 5s/5cに刺して利用することができます。さらにSPモードメールも利用可能です。ウマーです。

なお端末N-03Eは使わないので自宅に保管しておくか、邪魔ならじゃんぱらなどの中古買い取り店に持ち込むとよいでしょう。端末購入の代金程度は戻ってくるかと思います(買い取り価格は日々変動しますので、要調査です)。

以上がXiデータプラン ライト にねんを利用してドコモ契約回線を月1043円で使う方法です。

まとめ:SIMフリーiPhone+ドコモ契約回線を月1043円で使う方法

  1. N-03E (あるいはN-03Eのような月々サポートのたくさん付与されているドコモのAndroid携帯電話) を購入する。
  2. 契約時には「データ契約でお願いしたい。Xiデータプラン ライト にねんで」と伝える。
  3. SIMを何らかの方法でナノSIMにする。(2100円支払ってドコモショップで交換するか、自己責任でチョッキンするか)
  4. ナノSIMを SIMフリー iPhone 5s/5c を手に入れる。
  5. 月1043円で3GBまでのモバイルデータ通信を楽しめる。SPモードも使えてウマー。
Sohはこう思う (^ー゜)

SIMフリーiPhone 5s/5cを楽しむなら、MVNOは有力な選択肢の1つです。しかし、月々サポートのたくさん付与されているドコモのAndroidスマートフォンが入手可能ならば、上記で紹介した方法を検討すべきです。毎月のコストはMVNOとたったの100円程度しか変わらないのに、通信制限はとても緩いです。使用感は段違いです。SIMフリーiPhone+激安ドコモデータ契約回線はかなりオイシイですよ!

(SIMフリーiPhoneの入手について、関連記事は下記です)
国内版SIMフリーiPhone 6 Plus 128GBが秋葉原の中古携帯店に大量入荷!
国内版 SIMフリーiPhone 5cが特価¥49,800円にて販売中

Return Top