オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

リコーGRを導入したらあわせて買いたい3つのアクセサリ

リコーGRを導入したらあわせて買いたい3つのアクセサリ

リコーGRは、購入したらそのままでもいちおう使えます。しかしいくつかのアクセサリを揃えておくとなにかと便利だと思います。本エントリでは私自身が購入したものについてご紹介します。

リコーGRを導入したらあわせて買いたいアクセサリは下記の3つです。

1. シグマ Li-ionバッテリー BP-41
2. シグマ バッテリーチャージャー BC-41
3. RICOH GR用ネックストラップ GS-3 本革製 GRロゴ入り

1. シグマ Li-ionバッテリー BP-41

バッテリーはスペアがあった方がいいと思います。メーカー公称では、静止画撮影:約290枚だそうですが、私自身が試したときは220枚でした。これは諸条件により異なるわけですが、やはり撮影が中断されるリスクを考えれば一個余分にバッテリを持っておく方がいいと思います。

リコーGRでは、メーカー純正のバッテリー「DB65」がオプションとして用意されているのですが、実はその約半額の値段で買えるシグマDP用のバッテリーもGRで使うことができます。両者の中身はおそらく同じものです。

201305grgs34

リコーブランドが2,970円(ヨドバシ.com)ですが、シグマブランドが1,480円(同)です。だいたい半額です。

なお仕様は 3.6V 1250mAh 4.5Wh です。

シグマのものがお安いので、ロワなどの互換バッテリーを選ぶ必要はあまりないと思いますね。

バッテリーが切れるとほんとに悔しいので、スペアバッテリは絶対導入しておきたいです。

2. シグマ バッテリーチャージャー BC-41

GRはボディ内充電できます。おそらくそれが理由でGRにはバッテリーチャージャーが同梱されていません。USBケーブルで充電します。

しかしバッテリーを2個を充電するとなると、ボディ内充電だけで賄うならば2倍の時間がかかることになります。これはいかにも非効率です。

だからリコー純正のバッテリーチャージャーBJ-6が欲しいところ。

けれどリコーのバッテリーチャージャーが3,280円(ヨドバシ.com)であるのに対して、上で掲示したシグマのバッテリーBP-41用のチャージャー「BC-41」が1,680円(同)とだいたい半額。だから、こちらもシグマのチャージャーを選択しました ^^;

3. RICOH GR用ネックストラップ GS-3 本革製 GRロゴ入り

リコーGRにはハンドストラップがついてきます。あんまりイケてないです(笑)。せっかくだから、なにか素敵なストラップが欲しいところですね。

私は首からかけるタイプのネックストラップが好きなのでリコー純正のGS-3を選びました。
201305grgs30
(写真の白いRICOHと、GS-3という文字はケースのものです。ストラップは真っ黒です。)

2点吊りネックストラップです。着脱できるようになっているので、便利です。
201305grgs32

リコー純正のネックストラップにはGS-1もあります。しかしGS-3は本革製です。「GR」ロゴがさりげなく入っているので、そこが気に入っています。
201305grgs33

装着するとこんなかんじ。いたって普通のストラップ。そこがいいと思いました。
201305grgs31

***

以上、リコーGRを導入したらあわせて買いたいアクセサリは下記の3つ「シグマ Li-ionバッテリー BP-41」、「シグマ バッテリーチャージャー BC-41」、「RICOH GR用ネックストラップ GS-3 本革製 GRロゴ入り」をご紹介しました。

Return Top