オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhoneの機能を最大限引き出すおすすめアクセサリベスト5選

iPhoneの機能を最大限引き出すおすすめアクセサリベスト5選

【更新日:2017年2月26日】

現代に生きる私たちにとってスマートフォンは欠かすことのできない重要なデバイスです。とりわけわが国ではiPhoneが大変な人気を誇っています。

iPhoneが人気である理由はわかりやすく使いやすいところでしょうか。デザインはカッコよく、質感も素晴らしいです。

この iPhone は購入して来た状態(本体とイヤホン、充電機器)のまま使っても普通に楽しむことができます。

しかし、iPhoneの機能をもっと引き出したい、もっと便利に使いたいという方もいらっしゃることでしょう。

この記事では、iPhoneの性能を十二分に発揮させるのに役立つ周辺機器を5つご紹介します。

どれも私が自腹で購入し、2ヶ月以上自分の手で試したものです。いずれも自信を持ってお勧めできるものばかりを厳選しました。

同時に欠点についても述べますから、購入の可否を判断するのにお役立ていただけれることと信じております。

iPhoneの周辺機器としてベストなアイテムをご紹介します!

おすすめのiPhoneアクセサリー: Microsoft社「Universal Foldable Keyboard」

まず最初にご紹介するのは、MicrosoftのBluetoothのキーボード「Universal Foldable Keyboard」です。icon

iPhoneにキーボードを繋げることで文字入力の生産性を向上することを真っ先におすすめしたいです。

Universal Foldable Keyboardはキーボードを半分に折ることができるので、持ち運びに大変便利です。外出先で使うことの多いスマートフォンと相性がいいです。

「Universal Foldable Keyboard」には、OSを変更するのに独立したボタンがついており、ボタン一つで対応するOSを簡単に切りかえることができます。

下の写真、右上の「OS」と書かれたボタンで簡単に切り替えが可能です。

中には、iPhone・iPadだけではなく、AndroidスマホやWindowsを併用している方も多くいらっしゃることでしょう。そんな方にとって、Universal Foldable Keyboardは威力を発揮します。

またUniversal Foldable Keyboardはデバイスを2台まで登録することができます。それぞれに独立したボタンが割り当てられています。

下の写真の上側、ESCキーの隣にある[1]、[2]と書かれたキーです。

例えば、ボタン1には「iPhone 7」、ボタン2には「iPhone 6s」を割り当てることができます。

あるいは、ボタン1には「iPhone 7」、ボタン2にはAndroidスマートフォンを割り当てることができます。

この切り替えボタンを押すことで、簡単にBluetooth接続を切り替えることができます。これ、めちゃくちゃ便利なんですよ!

ただし、このBluetooth接続を切り替え機能は時々デバイスを見失うことがありました。そのため再度ペアリングしなくてはならないこともあります。

なので切り替えボタンが完璧に動作するなどという過度な期待は禁物です。本記事の後でも触れますが、AirPodsのようなインテリジェントなBluetooth接続とは言い難いです。

それでも、ボタンが独立しているというのは便利です。

Universal Foldable Keyboardの打鍵感については、ストローク浅目です。一般的なノートパソコンのようなストロークより気持ち浅めといって差し支えないでしょう。Appleが2015年から販売している「MacBook」よりは深めです。

このキーボードを初めて手にされた方は多少面食らうところもあるかもしれません。ただキーボードは慣れの要素も多々あります。慣れてくれば普通に高速に打鍵できるでしょう。

Universal Foldable Keyboardは、モバイル用のキーボードとしては高水準の携帯性、許容できる打鍵感と性能を備えていると感じています。

世の中にはたくさんのBluetoothキーボードがありますが、このUniversal Foldable Keyboardが定番です。

Universal Foldable Keyboardを利用して、iPhoneのメモアプリやメールアプリ、さらに Microsoft のOfficeアプリを使うことができます。

使い終わったら、キーボードをパタンと閉じます。すると電源が連動しているので、ペアリングが解除されます。さすが、Microsoftです。とても賢い仕様です。

私はこのUniversal Foldable KeyboardをiPhoneと組み合わせるスタイルが気に入っているのです。

▶︎▶︎ Universal Foldable KeyboardをMicrosoft公式ストアで見てみる
icon

おすすめのiPhoneアクセサリー: Apple社「Smart Battery Case」

次にご紹介するのは、Appleの「Smart Battery Case」です。

iPhoneにとって最も重要な性能の一つがバッテリーです。全ての携帯電話、全てのスマートフォンに共通に言えることですが、バッテリー性能がユーザ体験にとって極めて重要な影響を及ぼします。

Appleの「Smart Battery Case」があればiPhoneのバッテリーをおよそ倍に伸ばすことができます。これのおかげで、iPhoneを普通に使うぶんにはバッテリー切れを心配することはまずなくなります。

私は「Smart Battery Case」を2016年9月にiPhone 7用に購入しましたが、それ以来バッテリーで困ったことが一度もありません。

とりわけ旅行に出かけた時など、旅先でiPhoneを使って様々なことを調べるシチュエーションが多いことでしょう。ただ、見知らぬ土地ではiPhoneの充電をするのが難しいというシチュエーションがあるかと思います。

そんなとき「Smart Battery Case」が役に立ってくれます。旅行のお供として最適です。

Smart Battery Caseを購入後、私はサードパーティのモバイルバッテリーに一切関心がなくなりました。

またSmart Battery Caseを装着したままでも、Apple Payが使えます。iPhone 7ユーザとして嬉しいところです。

なおSmart Battery Caseの弱点についてですが、耐水性能はないことです。

iPhone 7の強みの一つが耐水性能ですが、Smart Battery Caseには耐水性能はありません。なので、お風呂に持ち込んだり、雨天時に使用するなどの行為はお控えください。

またSmart Battery Caseを装着すると、ちょっと重たくなります。バッテリーとケースの分だけ重くなるので、当たり前なのですが、iPhone 7の軽さが失われてしまうことは知っておく必要があります。

現在 iPhone 7用とiPhone 6、6s用の2種類が販売されております。購入時には間違わないでください。

▶︎▶︎ Smart Battery Case (iPhone 7用)をApple公式サイトで見てみる

▶︎▶︎ Smart Battery Case (iPhone 6/6s用)をApple公式サイトで見てみる

ちなみに iPhone 6や6sを iPhone 7用に入れても充電することは可能です。ただ、iPhone 7本体のレンズ位置が6/6sとは微妙にズレているため、ケースで一部覆われてしまいます。写真やビデオ撮影時に支障をきたします。

おすすめのiPhoneアクセサリー: Apple社「AirPods」

AirPods」はBluetoothイヤホンです。Appleが2016年12月19日に発売開始しました。

このAirPodsを2ヶ月以上使いましたが、私は大変気に入っています。

「ワイアレスって、なんて素晴らしいんだろう・・・。」

そんなことはBluetoothイヤホンなのだから当たり前です。数多ある他の製品にも当てはまること。

しかし、AirPodsにはApple W1というチップが入っており、このチップのおかげでペアリングが大変スムーズに行うことができます。

iPhone 7に繋いでいたAirPodsを別のiPhone 6sに繋いだり、Macに繋いだりするのがとても簡単にできます。

これがめちゃくちゃ心地いいんですよ。

Bluetooth製品を使っていて、ペアリングがうまくいかなくて悩まされた経験がある方はいらっしゃいませんか? AirPodsはそんなトラブルとは無縁です。

このAirPodsの使い勝手の良さはAppleの真骨頂です。近年、Appleらしさを最もよく体現しているのがAirPodsではないだろうか、と私は感じています。

iPhone には EarPodsというイヤホンが同梱されているのですが、AirPodsのおかげでEarPodsを使うシーンは全くなくなってしまいました。

AirPodsのバッテリーが切れてしまったとき用にEarPodsをカバンの奥に忍ばせているのですが、使う機会は一度もありません。AirPodsのバッテリーは案外持ちます。

なおAirPodsの欠点ですが、正直なところ思い当たりません。ペアリング性能はとても優れているし、音質も良いです。価格もBluetoothイヤホンとしては標準的な設定です。

AirPodsは、iPhoneやiPad、Apple Watch、Apple TV、Macで利用できるほか、Androidスマートフォンでも利用可能です。

▶︎▶︎ AirPodsをApple公式サイトで見てみる

おすすめのiPhoneアクセサリー: ソニー社「MDR-1000X」

ただAirPodsの形状自体が耳に合わないという方もいらっしゃるかもしれません。

私が自信を持ってお勧めできるのはソニーのBluetoothヘッドホン「MDR-1000X」です。2016年10月に販売されたこのヘッドホンはすでに非常に高い評価を得ています。

「MDR-1000X」は優れた消音性能(ノイズキャンセリング)を発揮します。さらに音もすごく良いです。

便利なのが、クイックアテンション機能です。右耳側のハウジングに手を当てると周囲の音を聞き取れるようになります。他にもタッチセンサーコントロールで曲の操作やSiriの起動ができたりします。

「MDR-1000X」はノイズキャンセリングヘッドホンの領域では、まさに決定版ともいうことができる優れた製品です。ソニーの意欲を随所に感じさせる野心的な製品で、ユーザとして大変満足しております。

AirPodsと同様、iMDR-1000XはPhoneにうってつけのヘッドホンです。

「MDR-1000X」は4万円するヘッドホンです。まぁまぁ高価な部類と言えるでしょう。

ただ電車、新幹線、飛行機、バスや自宅でiPhoneで音楽を聴く時、周りのノイズをキャンセルしてくれるという性能に対価を払って良いと判断しました。

このキャンセル機能は感動ものです。音をちゃんと遮断してくれます。

ちなみにBluetoothなヘッドホンなので、自宅で電子レンジを使っていると音が途切れがちになります。電子レンジを使用しながら、MDR-1000Xで音楽を聴くのは全くオススメできません。

MDR-1000Xは、Amazonで42,840円で販売されています。ポイントが4,284pt (10%)つくので、実質38,586円です。Amazonで購入すするのがおすすめです。

▶︎▶︎ MDR-1000XをAmazon.co.jpで見てみる
▶︎▶︎MDR-1000Xをソニー公式ストアで見てみる

おすすめのiPhoneアクセサリー: Apple社「Apple Watch (2016年)」

Apple Watchは、iPhone をさらに便利に使えるデバイスです。

Apple Watchの中でも、私は「Apple Watch Nike+」というモデルを使っております。

2016年に発売されたApple WatchはS2デュアルコアプロセッサを搭載しており、初代よりも高速になりました。

watchOS はバージョン3を搭載。バージョン2までよりもずっと安定して動くようになりました。

この「Apple Watch Nike+」を私はほぼ毎日身につけています。すごくいいですよ。

「Apple Watch Nike+」の魅力は何でしょうか。最大の魅力は通知です。

通知、いいですよ。iPhoneが受信した通知をApple Watchで受けることができます。

中には通知でイチイチ妨げられたくない、という人もいるかもしれません。確かにスパムメールのような通知が毎回手首に届いたら、それはとてもうっとおしいことです。

ただ通知は絞ることができます。本当に必要な通知というものを見極めて設定することができます。

私が個人的に重要だと思っているのは、インターネットオークションです。オークションは落札の期限が決められているのですが、落としたいと思っている商品をしばしば忘れがちでした。

このインターネットオークション用のアプリをApple Watchにインストールすることで見逃すことがなくなりました。欲しいと思ったものを安く購入できる確率が上がりました。実に便利です。

通知をうまくコントロールしてやることでApple Watch の魅力は高まります。

▶︎▶︎ Apple WatchをApple公式サイトで見てみる

 

なお、私が購入したApple Watch Nike+については、Nikeも販売しています。Nike公式サイトでは、Nikeのシューズやアウターなども販売されていますので、見ていて楽しいです。

Apple Watchの中でも、Nike+に関心がある人はぜひNike公式サイトをご覧ください。

▶︎▶︎Apple Watch Nike+をNike公式サイトで見てみる

 

まとめ:おすすめのiPhoneアクセサリー「iPhone は2台持て」

以上、iPhoneの機能を最大限引き出すおすすめアクセサリを5つご紹介しました。

  • Microsoftの「Universal Foldable Keyboard」があれば効率よく字を入力することができます。
  • Appleの「Smart Battery Case」があれば、バッテリーを気にせずiPhoneを使い続けることができます。
  • Appleの「AirPods」やソニーの「MDR-1000X」があればワイアレスで音楽を楽しむことができます。音楽を聴くのに、もはや線は不要だと断言できます。
  • Apple Watchがあれば、iPhoneの通知をさりげなく知ることができます。2016年のモデルになって速度が向上するなど、その魅力はずっと高まりました。

これら5つのアクセサリは、全部自分のポケットマネーで購入して、自分の手で試したものばかりです。全て自信を持っておすすめすることができます。

最後に

最後に一つお伝えしたいことがあります。それは「iPhone を2台持っていただきたい」ということです。

もしiPhoneを暇つぶしの道具と捉えるならば1台持っておけば良いです。お金をかける必要などありません。

けれど、iPhoneを積極的に活用し、生産性を高めたいと考えるならば2台あると利用に幅ができます。

複数のiPhone に同一のApple IDを登録しておけば、iCloudを通じてまるでクローンのように使うことができます。

片方のiPhone でApple Musicを聴きながらSafariを見つつ、もう片方のiPhoneでメモで執筆する、などということができます。メモはiCloudで瞬時に同期されますから、デバイスの差異を感じることはありません。

その意味で、おすすめのiPhoneアクセサリーの1つとして「もう1台のiPhone」ということをお伝えしたいです。

もしお金に余裕があれば、メインのiPhoneとして、iPhone 7を選び、サブとしてiPhone 7 Plusを選べばいいです。最強のiPhone環境だと思います。

またiPhone 6sは優れた性能を持っています。これをサブにするのも良い考えです。もしiPhone 6sをお使いでiPhone 7を買おうと思ったとき、中にはiPhone 6sを下取りに出そうなどと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それはとても勿体無い話です! iPhone 6sはiPhone 7と同時に使ってください。iPhone 6sはまだまだ使える性能を有しています。

 

もう一台のiPhoneというと維持費が気になる方もいらっしゃいますが、格安SIMを使えば毎月500円程度で維持できます。年間6000円です。安いものです。

私はiPhone 6sにLINEモバイルを利用しています。毎月500円程度で、問題なくiPhoneもLINEを楽しめています。

【注】格安SIMについては、当サイトの記事「おすすめの格安SIMランキング」を参照なさってください。

iPhoneを私たちの生活や仕事、勉強の中でもっと活用したいと思ったとき、これらのアクセサリがiPhoneの機能を拡張してくれます。iPhoneの性能を最大限引き出すことができます。私が厳選したアクセサリをぜひともご検討ください。

本記事でご紹介したアクセサリ

 

 

Return Top