オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhone 7・iPhone 7 Plusの人気は本物だ

iPhone 7・iPhone 7 Plusの人気は本物だ

Apple が2017年1月31日(米国時間)、2017年第1四半期の決算発表を行いました。その場で明らかになったのは、iPhone の好調ぶりです。

Apple の2017年第1四半期の決算発表

Appleは2016年10月から12月の間、実に7830万台ものiPhone を販売しました。これは驚異的な数字です。Appleの歴史上、これほど前にiPhoneが売れた時期はありませんでした。

2015年10月から12月までの間に販売したiPhoneは7480万台でしたから、350万台ほど増加しています。

Appleは2016年9月、iPhone 7・iPhone 7 Plusを発表しました。10月から12月という最も重要なホリデーシーズンに向けて周到な準備を行ったAppleのフラグシップスマートフォンです。Appleにとって最重要プロダクトです。

蓋を開けてみると大変な人気ぶりが際立ちました。特にiPhone 7 Plusは需要が大きく、今年1月になるまで出荷に大変時間がかかっていました。入手困難な時期が長く続きました。

▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 PlusをApple公式サイトで見てみる

iPhoneが消費者に好まれている

なぜこれほどまでにiPhone は人気なのでしょうか?

一つの理由として、サムスンの Galaxy Note 7バッテリー問題が挙げられるかもしれません。

Androidスマートフォンに目を向けますと、最も優れたAndroidスマホを作っているのはGoogleかサムスンと言って差し支えないでしょう。そのサムスンが大型ディスプレイのスマートフォンでリコール問題を起こしてしまいました。

Appleにとっての競合であるサムスンのバッテリー問題で、Galaxy Note 7を求めていたお客さんがiPhone 7 Plusに流れたということがあったかもしれません。

iPhoneは品質自体が優れている

しかし、iPhoneが記録的な出荷台数を誇ったのは「iPhone 7・iPhone 7 Plusのプロダクトとしての魅力が大きいからだ」とシンプルに考えています。

現在のスマートフォン業界を見渡す限り、iPhone 7及びiPhone 7 Plusは最も優れた製品であると結論づけることができると思います。

とりわけiPhone 7 Plusは5.5インチの綺麗なディスプレイを積んでおり、デュアルカメラで普通のスマホでは撮れないような写真を簡単に撮ることができます。スマートフォンとしては、頭ひとつ抜けた性能を有しています。

私の周りを見ると、特に女性でiPhone 7 Plus を好む人がいます。ファブレットと呼ばれるサイズを女性たちが好んでいます。

大きいと思ったけど、案外使いやすいよ。オススメ」と私に語ってくれました。

iPhone 7 Plusは男性のズボンのポケットにはちょっとごわごわした感じがありますが、女性のバッグの中に入れて持ち運ぶぶんにはまったく問題ないのでしょう。

またiPhone 7は前モデル iPhone 6sから着実に進化しています。日本の消費者にとってはNFCに対応したこともまた魅力です。

iPhone 7・iPhone 7 Plus は5色展開しています。どれも優れた色ですが、とりわけジェットブラックは素晴らしい質感をもたらしています。傷つきやすいところがあり、私のジェットブラックなiPhone 7は傷だらけですが、それも勲章だと私は思っています。

新しいiOS 10ではメッセージ機能が強化されており、より感情を伝えやすくなりました。Apple Musicもデザインを一新しましたし、写真にはメモリーという簡易版ムービー作成機能が備わりました。

ハードウェアの面でもソフトウェアの面でも、iPhone 7・iPhone 7 Plusは実に質の高い製品に仕上がっています。

日本のお客さんはiPhoneを高く評価している

iPhone 7・iPhone 7 Plusの品質に対して、世界中でもっとも評価しているのは日本のお客さんだと私は思います。

2017年第1四半期における日本の売上は前年同期比で20%も増加しています。これほどまでに伸ばしている地域は他にありません。日本がダントツに伸びていることが決算の数字として現れています。

私は日本の消費者は目が高いと思っています。そして、「少々高くても、良いものには金を出す」というマインドを持った方が多いと感じています。

今スマホは低価格化が進んでおり、いわゆる格安スマホと呼ばれる2ー3万円で販売されているようなものでも、そこそこの性能を有しています。

しかし、日本のお客さんが格安スマホよりも高価なiPhone 7・iPhone 7 Plusを選ぶのは「より品質の高いものを手元に置いておきたい」と考えるからではないでしょうか。

iPhone はハードウェアのデザインが綺麗であるばかりか、ソフトウェアも美しく仕上げられています。日本語のフォントも綺麗なものが選ばれています。

審美眼を持った目の肥えた日本の消費者は、このようなiPhoneの利点を評価しているに違いありません。

Appleは個人情報・セキュリティに敏感な会社だ

さらにiPhoneはセキュリティに十分配慮しています。

2015年末にカリフォルニア州で銃乱射事件がありましたが、Appleは政府によるバックドアの作成を拒みました。このような企業姿勢は、私たち消費者にとって重要なことです。

「この会社は、私たちの大切な個人情報を本当に配慮してくれるのだろうか?」

多くの消費者がこのような疑問・懸念を呈するようになってきています。消費者の個人情報に対する関心事に企業が十分応えられないと、その商品・サービスは消費者に選んでもらえないのが今の時代です。

個人情報・セキュリティに対する関心が高まる時代背景の中、Apple は消費者から最も信頼を勝ち得ている企業の一つだと私は考えています。

このような点もiPhoneの人気を支えていると私は思います。

まとめ:iPhone 7・iPhone 7 Plusの人気は本物だ

以上、iPhone 7・iPhone 7 Plusの記録的な出荷台数についてお伝えしてきました。

2017年第1四半期は記録的な出荷台数を誇ったiPhoneですが、その理由は優れた品質にあると私は考えています。

ハードウェア、ソフトウェア、そしてセキュリティの面で、iPhone 7・iPhone 7 Plusは突出しています。

格安スマホに比べて、iPhone 7・iPhone 7 Plusは高いかもしれませんが、多くの消費者にとっては一層魅力的な存在になっています。

私自身実際に購入し、4ヶ月間みっちり使ってみて、iPhone 7・iPhone 7 Plusは購入して後悔しない製だとわかりました。

iPhone 7・iPhone 7 Plusは私の家族や親しい友人に対して勧めるに値する製品です。長い間にわたって安心して愛用することができます。

iPhone 7・iPhone 7 Plusは今後も好調な販売を続けることでしょう。

なおiPhone 7・iPhone 7 PlusはSIMフリーモデルがオススメです。Apple公式サイトではSIMフリーのiPhone 7・iPhone 7 Plusを購入することができます。

▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 PlusをApple公式サイトで見てみる

Return Top