オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iOS 10の「メッセージ」はキラーアプリになる

iOS 10の「メッセージ」はキラーアプリになる

Appleが米国時間の2016年6月13日、「iOS 10」を発表しました。

Appleはこのリリースを世界で最も先進的なモバイルOSのリリースであると述べています。

「iOS 10」には様々な機能が搭載されます。

Siriはサードパーティのアプリとも連携するようになります。

地図や写真、Apple Musicは美しく再設計されます。

最大の注目点はメッセージアプリ

iOS 10では、表現力豊かでアニメーションを使ったメッセージを友人や家族に送ることができるようになります。ステッカーや全画面エフェクトも使えます。これはLINEライクな機能と言っても良いでしょう。

私は友人や家族と連絡するのに、メッセージアプリを使っています。メッセージアプリは、iPhoneはもちろん、iPadでもMacでも使えるからです。

子どもとやりとりするとき、絵文字を入力したりして、表現力を高めています。

メッセージアプリはクリーンなインターフェイスです。私はとても気に入っているんです。

メッセージアプリを使えば、写真やLive Photo、オーディオクリップ、そして表計算ファイルなども送ったりできます。とても便利です。

自分が今いる位置情報も送れます。これは待ち合わせなどしているとき役に立ちます。

LINEよりもメッセージアプリは技術的に優れている

私は「LINE」を使っていません。また類似するFacebookメッセンジャーや、カカオトークやGoogle ハングアウトなどを使っていません。

時々「LINE使ってますか?」と言われることがあります。特に若い女性に聞かれることが多いです。

「いや、使ってないけど・・・」と返答すると

「スマホを使っているのに、LINEを使わないなんて珍しい!」

とびっくりされることがあります。

でもセキュリティやプライバシーの事を考えると、iOSやmacOSのメッセージの方が技術的に優れているし、好ましいのです。

メッセージアプリの新機能

LINEにはスタンプがあるなど、メッセージにはない魅力があるのもまた事実です。

しかし、iOS 10のメッセージアプリはLINEに負けず劣らず新機能を搭載します。

前述したようにステッカーを貼ったり、GIFアニメをパーソナライズしたり、写真を編集したり、ユーザ間の送金したり、ディナーや映画をスケジュールしたりできます。

手書きのノートを送ったり、単語を簡単に絵文字に変えたりできるようになります。

このような新機能を搭載することで、iOS 10を搭載したiPhone/iPadを通じた経験の中で、メッセージの占めるポジションがどんどん大きくなってくることでしょう。

今iPhoneやiPadを使っているのに、メッセージアプリを使っていない人にとっても無視できない存在になるはずです。

Appleはメッセージの機能強化に向けて大きな舵取りを切ったと私は考えています。この動きはApple Watchとも連動していることでしょう。

iOS 10は今年2016年秋にリリース予定です。そのリリースを私は心待ちにしています。

Return Top