オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

iPhone 6/ 6 Plus の容量はどれを選ぶべきなのか

iPhone 6/ 6 Plus の容量はどれを選ぶべきなのか

新しく発表されたiPhone 6及びiPhone 6 Plusの容量(ストレージ)はどれを選ぶべきなのでしょうか?

iPhone 6及びiPhone 6 Plusは各機種とも16GB、64GB、128GBのラインナップです。今回32GBは用意されていません。

この3つの中から1つを選択する必要があるのですが、いったいなにがベストな選択なのかを本エントリで考えたいと思います。

Androidスマートフォンの一部の機種にはマイクロSDスロットを搭載しているものがあり、後からストレージを増やすことができるものもあります。一方、iPhoneはそれは不可能です。長く付き合うiPhoneですから、容量の選択は慎重になされるべきです。

16GBモデルは限られた用途としてならOK

まず消去法で16GBモデルはお勧めいたしません。16GBモデルを選ぶと、iPhoneの使い方がかなり制限されてしまうことを指摘したいと思います。

iPhone 6及びiPhone 6 Plusには、iOS 8がプリインストールされます。このOS自体のサイズにもよるので、現段階でははっきりしたことはわかりません。

ただこれまでの傾向から、16GBモデルはOSのみがインストールされた初期状態で、空き容量が11GB程度であると推測されます。

この11GBというサイズはやはり少ないです。

iPhone 6及びiPhone 6 Plusの16GBモデルにAppleの標準のアプリであるiWork(表計算Numbers、ワープロPages、プレゼンKeyote) や iLife (GarageBand、iMovie)、「iPhoneを探す」や「友達を探す」アプリ、さらに音楽やビデオ、アプリをインストールすると、空き容量はあっという間に埋め尽くされてしまいます。

やりくりすればよいという意見もWebでは散見されます。しかし、やりくりするのはストレスです。写真をたくさん撮り続けていたりすると、とつぜん「容量不足の警告表示」が出てしまうかもしれません。これでは快適とは言えません。

もちろんビジネスユースなどでは、使用するストレージが突然増えることなどない、そもそも電話とメール、ウェブぐらいにしか使っていないという状況もあるかと思います。そのような限定された使い道では16GBモデルで一番よろしいでしょう。

また中にはiPhoneを転売したいという人もいると思います。そんな方は売価は各モデルで僅差なので16GBを選ぶべきです。秋葉原のiPhone 買取店での買取価格表を見ればよいでしょう。(トゥインクル、モバイルヘッドなど)

しかし普通の人が普通にiPhoneを使って楽しむには、16GBモデルでは少な過ぎるというのが私の実感です。

 

普通のiPhoneユーザならば64GBか128GBを選ぶべきだ

つぎに容量64GBと128GBについてですが、これはユーザの現在のiPhoneの使用状況によると思っています。

いまお使いのiPhone のストレージの使用状況、あるいはAndroidからの移行を考えているAndroidユーザはAndroidのストレージの使用状況をいまいちどお調べいただき、そこを軸に考えるのがよいと思います。

そして64GBではキツキツだよというユーザこそ128GBモデルを選ぶのがよいでしょう。32GBではキツキツだよというユーザは64GBか128GBモデルを選ぶのがよいでしょう。

また先日ディスコンになった iPod Classic をお使いのユーザはその代替手段として128GBモデルを選ぶのがいいと思います。

私は128GBの容量をホームビデオに使いたい

さてもうひとつ切り口を提示したいと思います。私は次期iPhoneは128GBモデルを予約するつもりです。なぜか?それはビデオの録画をしたいからです。

私の家にはちびっ子が二人おります。ちびっ子のビデオを日々iPhoneで撮るのがとても楽しいのです。

悩みのタネは、iPhoneで撮影したビデオは膨大なファイルサイズになることです。スローモーション機能を使ってビデオ撮影すると、ファイルの大きさはGB単位になることもあります。このような状況で容量16GBモデルはありえません。

いまはiPhone 5sで撮ってはMacに移して消して、撮っては移して消してを繰り返しています。このめんどくさい状況を打開したいのです。

私のMacのApertureライブラリは、iPhone 3GSの頃からのビデオがたくさん入っています。

128GBモデルにすればせっかく撮ったホームムービーをより多く持ち歩くことができます。

iPhoneの面白さは、カメラ機能に多くあると私は考えています。特にビデオ機能は、今回のiPhone 6及びiPhone 6 Plusで大きく向上しています。だからiPhoneの128GBという大容量のメリットを活かしたいと考えています。

このブログをごらんの皆さんはどの容量のiPhoneをお選びになりますか。よろしければ、Twitterやブログのコメント欄で教えてくださいね!

【2014年9月15日 1時 追記】

iPhone 6 Plus 128GBを予約しました。この理由については、当サイトの下記エントリーをご参考になさってください。

iPhone 6/iPhone 6 Plusの大容量128GBはビデオ撮影にうってつけだ

Return Top