オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

Amazon Kindle ストアが30%ポイント還元セールを実施中

Amazon Kindle ストアが30%ポイント還元セールを実施中

Amazon.co.jpが昨日19日より、Kindle電子書籍を30%ポイント還元セールを行っています。

たとえば、先々週お伝えしたケン・ シーガル『Think Simple-Appleを生みだす熱狂的哲学』(kindle版)についてです。こちらは紙の本が¥1,680であるところ、Kindle版は1,108円 (66%)引きの572円となっているうえ、今回のキャンペーンによりさらにポイント30%分すなわち171ポイントが還元されます。よって値段は実質401円(77%引き)となっています。

201307amakin30
紙の値段が1,680円→Kindle版は572円(1,108円オフ)→さらにキャンペーンで171ポイント還元 ※値段は実質401円(紙の本の77%引き)

30%ポイント還元とは、いやはや驚きました。朝日新聞の指摘によれば、「18日には、やはり電子書籍を販売する楽天が同様の値引きを始めており、対抗する狙いがあるとみられる。」とのこと。電子書籍をめぐって、競争が激しさを増しているといえます。これは消費者にとっては良いことと言えるでしょう。

私は Kindle を多用しています。Kindle は Amazon のKindleデバイス(たとえば Kindle Paperwhite)でも利用可能ですし、さらに iPhone や iPad、Androidといったモバイルデバイスでもアプリを通じて閲覧が可能です。またパソコン(Mac や Windows)でも閲覧できます。

Kindleはとても便利で、私の書籍の消費行動を確実に変えました。なにか欲しい本があったらまずは Kindle になっているかどうかをチェックします。Kindle になっていれば購入の検討としますが、Kindle 化されていなければ、購入するかどうかは判断を保留します。内容云々よりもまずはKindleに対応しているかどうかが重要になっています。(ただ大型書籍や画集、写真集などはのぞきます)

自分にとっては電子書籍であるかどうかかはきわめて大きなファクターです。「おいおい、それはいいすぎだろ。まずは内容ありきだろ」と思われる方もいらっしゃるかとは思うのですが、そもそも書籍を読む時間がかなり限られています。

学生時代ならば時間はたくさんありましたが、ふつうのサラリーマンならば、使える時間はたいてい仕事に費やしているんじゃないんでしょうか? サラリーマンの余った時間で書籍に触れるならば、わざわざ紙で読むよりも、手持ちのiPhone/iPadに入っている電子書籍で読むというのは自然だと考えます。

Kindleは便利ですが、少々品揃えに難があるのは事実だと思います。もっとKindle化されるべきです。個人的には講談社ブルーバックスをすべてKindle化していただきたいのですが、、、淡い期待を抱いております。

最近読んだKindle化された本で、私の名前は高城 剛。住所不定、職業不明。が面白かったです。この本は高城さんの一問一答を中心に構成されているのですが、なかなか鋭い意見、視点がありました。高城さんはオーガニックな食品、オーガニックな素材の服(Tシャツ)がお好みだそうです。玄米を好んで食べているそうで、現場には玄米釜とコーヒーメーカーを持ち込んでいるという下りには納得させられました。私も玄米が好きです。というより白米をほとんど食べません。なので、私もなにかあったら玄米釜を持参で仕事をしようと思いましたw

とりあえず「Think Simple」と「私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明」はオススメできる Kindle 本です。

Return Top