オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

MacBook Air や MacBook Pro に1TBのフラッシュストレージが搭載されるのはいつ?

MacBook Air や MacBook Pro に1TBのフラッシュストレージが搭載されるのはいつ?

先月行われたWWDC 2013の基調講演では、大方の予想通り MacBook Air がアップデートされました。

これにさきだち、Vintage Computer の社長が MacBook AirとMacBook Pro Retina ディスプレイに1TB フラッシュストレージが搭載されると予想しました。

MacBookでフラッシュストレージが1TB積める?! ハンパない!!もはやSSDはHDDと同等の容量を備えています。

しかしその予想とは反して、アップデートされたMacBook Air は従来通りCTOで最大512GBを選べるのみということが判明しました。またMacBook Pro Retina ディスプレイも変わらずでした (CTOで768GBのフラッシュストレージ)。

VC社長のブログでも次のように述べられています。

「それから、極秘情報を元に事前にAirとRetinaのSSD 1TBを予想しましたが、新型Airは最大512GBのまま。どうやら、ガセだったようです。ごめんなさい!」
VC社長日記:WWDC 基調講演で新型Mac Proを発表 – livedoor Blog(ブログ)

結果的に空振りに終わった訳ですが、おそらく事情通から何らかの情報、根拠を得ての発言であったようです。

目をPCパーツに向ければ、たとえば Crucial は「M500」というSSDを出しており、960GB の大容量です。こちらのパーツは価格は75000円超と値は張るものの、一昔前(2007年頃)なら64GBが10万円以上していましたから、相対的に手が出しやすくなっています。円安のためPCパーツ全体で見れば値上げの傾向にありますが、それでもこちらの商品M500 960GBは値下げの傾向にあります。

いまCTOをするならば、MacBook Airは 512GB, MacBook Pro Retinaは756GBが最大容量です。これはAppleのマーケティング上の理由でそうしているのでしょう。

MacBook Airは価格の面ではノート型のエントリークラスという扱い(もっともその性能はすでにエントリーと呼ぶには相応しくはないですが)であり、MacBook Proはハイエンドユーザ向けという位置づけの戦略があるため、あえて微妙なヒエラルキーを出しているのだと思われます。

私個人としては、これは本当にビミョーな差なので、MacBook Air でも756GBを選べるようにしたらよいのにと考えます。

ただVC社長が予想したように、Air でも Retina でも1TBのフラッシュがCTOでも選べるようになるのでしょう。時期はクリスマス商戦時期の10月、11月になるのではないかと思います。1TBのフラッシュストレージを搭載したMacBook Air や MacBook Pro Retinaを早く見てみたいと思います。^^

Return Top