オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

iPhone 5 64GB – 大容量がありがたい

iPhone 5 64GB – 大容量がありがたい

au 版iPhone 5 64GB を入手して、あれこれいじっています。快調です。

昨年10月にau 版iPhone 5 16GB ホワイトモデルを入手し、使用してきました。

iPhone 5以前に使用していたのは iPhone 4S 64GB。au からの機種変更(追加購入)でした。

iPhone 5 は、16, 32, 64GBの三つの容量があります。昨年10月当時の価格は下記の通りでした。

・au iPhone 5 16GBモデル 6万1680円
・au iPhone 5 32GBモデル 7万2000円
・au iPhone 5 64GBモデル 8万2320円
 ※現在、販売価格は変わっています。

「どれにしようか」と悩んでいたのですが、金欠だったので、一番お安いモデルの 16GB にしました。一括で購入したので、6万1680円を支払いました。

「容量16GB だけどやりくりすれば大丈夫だろう。なぁに毎日Macを触っているのだから、スマートリストの機能をつかってやりくりなどすれば、16GBでもかまわない」

購入当時は、そう思っていました。

しかし64GBモデルを購入して2日使用してみて、「容量が多いのはいいことだ」とあっさりと前言を翻す状態になっておりますw

iPhone 5 64GBモデルは実際のところ57GB使用可能です。手持ちのコンテンツをあまり考えずにドカドカ入れてみたところ、そのうち27GBを使用しました。結局のところ残り30GB余っています。

201306ip64
30GB余っている。

音楽もビデオもアプリも、厳選しなくてもポイポイ入れられる。さらに私がNewsstandで定期購読している「ディズニーファン」の過去の配信データを消さなくてもいいです。

また結構な容量を食う自炊データも何も考えずに入れられます。(自炊PDFデータだけですでにGB単位であります)

うーむ、参りました。iPhone 4S 64GBを快適に使っていたときのことをいまさらながらやっと思い出しましたw

結局のところ、大容量モデルを買うということは時間を買っているということに他ならなかったことがやっと分かりました。

自分の買い物がいかに下手であったかということを思い知らされたという次第です。買い物上手になりたいものですねぇ。(ため息)

Return Top