オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

iPhone 6・iPhone 6 Plusの素晴らしさを妻に語ってきかせた結果

iPhone 6・iPhone 6 Plusの素晴らしさを妻に語ってきかせた結果

本日2014年9月10日、AppleがiPhone 6・iPhone 6 Plus を発表しました!

私も実況中継を見て、新しいiPhone の姿に大変驚かされました。一部にはリークされていた情報もありましたが、公式に発表されたということで、胸躍る思いがします。

今日のお昼、幼稚園から帰ってきた子ども達に妻がお昼ご飯のそうめんを準備していたので、私は妻にAppleの素晴らしいiPhone 6/ 6 Plusについて語って聴かせねばならぬと思いました。

「ねえ、iPhone 6とiPhone 6 Plus がでたよ!これは素晴らしいよ!」

「そう。昨日夜遅くごそごそやっていたから、「ははーん、またAppleなんだな」と思った」

20140910applekeynote

「そうなんだよ、ついにiPhone 6が正式に発表されたんだ。やったよ!」

(私はガッツポーズ)

「ふーん。」

「あれ、あんまりiPhoneに興味ない? この感動が伝わらない?」

「別に。」

「沢尻エリカみたいなことをいうね。いやー、今年もいい仕事をやってくれましたよ、Appleさんは!」

「そう・・・。そうめん食べる?」

「うん、食べる。それにしてもAppleはいい仕事するなー! Good Jobだ。モバイル革命の旗ふり役はこうでなくてはね!」

「ふーん。で、買うわけ?」

「えっ。一応買うつもりだけど・・・・」

「いくらするの?」

「いきなりゼニの話かよ。そうだね、重要なことだ。iPhone 6は67,800円から、iPhone 6 Plus は79,800円からだよ。SIMフリーだけどね。」

「えっ、そんなにするの! 高い!」

「そう? 僕の使っているSIMフリー iPhone 5s ゴールド 16GBは、68,381円だけど。だから iPhone 6はちょっとお安くなっているよ。税抜き価格ではね。」

「iPhone ってそんなに高かったんだ。。。」

「実質価格○○円とよく言うけど、けっきょくのところ本体支払額は6万円、7万円するんだよ。年度末の3月に「iPhone一括ゼロ円」をやるけれど、あれはレアケース。それにあれは総務省の指導が入ったので、もうやらないんじゃないかな。」

「そう。」

「そもそも2008年に僕が買った iPhone 3G は本体価格8万円超えだったしね。それから比べれば、同じ価格で驚くべき性能の向上だと思うんだけどな。」

「そっか、いつもiPhone はSoh 君に払ってもらっていて、私が払っている訳じゃないから。iPhoneの価格を初めて知ったよ。」

「価格も重要だけど、何が変わったかを知ることも大事だよ。新しいiPhoneについて、Appleの公式ビデオをみてみない?」

そういって、私は食卓に iPad Air を置き、YouTubeでAppleのビデオを見せました。

「どう? このデザイン。素晴らしいでしょう? いや、このビデオをみながらそうめんを食べるのはやめてほしい。真剣に見てよ。」

「うーん。写真が綺麗に見えるのは結構いいかなあ。」

「でしょ?」

「カメラが良くなって、綺麗な写真が撮れるのもよさそう。このスケボーのビデオいいね。子ども君がスケボーやりたい言っていってたから。」

「そうか。子どもにスケボーをやらせてぜひスローモーションのビデオをiPhone 6で撮ろう。」

「このApple Payは日本で使えるの?」

「うーん、わかんない。」

「ほら!! 日本で使えないなら意味ないじゃん!」

「・・・。いや、まだ確定じゃないから・・・・。次にブルームバーグのハンズオンビデオをみてみない?」

 

Apple iPhone 6 Plus: Is Bigger Better for New Model?

「うわー、この iPhone 6 を持っている人、腕が毛むくじゃらで、生理的に無理かも!」

「いやいやいや、本質はそこじゃないんで。ちゃんとこのビデオをみてよ。」

「うーん、新しいiPhone、大きいなあ。iPhone 5sと比べるとiPhone 6の大きさは一目瞭然だねー。」

「Retina HD ディスプレイというんだよ。」

「私の手に収まるかなあ。」

ビデオを見終え、私はiPhone 6にレクチャーを開始しました。

iPhone 6・iPhone 6 Plus の特徴

  1. まずiPhone 6 と iPhone 6 Plusの違いについて。それぞれ4.7インチ、5.5インチの画面サイズなんだ。画質はそれぞれ720p HDと1080p HD。薄さはそれぞれ6.9mm、7.1mm。いずれも iPhone 5sよりも薄い。もちろんiPhone5cよりもずっと薄い。
  2. iPhone 6/ 6 Plus はカメラの機能がシリーズ最高になった。iPhone の機能でもっとも素晴らしいのはカメラ。F2.2 の明るさを持っていて、前のモデルよりも暗いところに強くなった。iPhone 6/ 6 Plusのウリの一つ。iPhone 6 Plusの独自機能としては、手振れ補正があるよ。ビデオ機能も改善されるようになった。
  3. 前のモデルに比べて、iPhone 6 Plus はバッテリーが持つようになった。iPhone 6 Plusは筐体が大きい分バッテリーの寿命が延びるようになった。たとえば80時間音楽再生、24時間の3G通話、16日間のスタンバイ。これはすごく安心できるよ。
  4.  iPhone 6/6 PlusはLTE と Wi-Fi が速くなった。LTEについていえばキャリアアグレゲーションに対応するようになったし、ローミング性能も向上した。Wi-Fiについていえば、802.11 ac に対応。これは素晴らしいよ。
  5. そしてiPhone 6 PlusのReachability。画面が大きくなったことにより、指がアイコンに届かなくなったことを補う機能だ。ホームボタンを2回素早くクリックすると、上半分が下におりてくる。これはぜひ実際に試してみたい。
  6.  iPhone 6 Plus は横向け表示対応するようになった。ホーム画面も横向けに対応するし、さらにメールなどは2ペイン(2画面分割)になるんだ。

妻はそうめんを食べながら表情を変えず、私の話を聞いていました。

「大きいiPhoneはいいよ。使い勝手が良くなるよ!」

「うーん。そうなの?」

「そうだよ。iPhone 6・iPhone 6 Plusでは写真を編集したり、GarageBand や iMovie が使いやすくなるよ!Safariも一画面に表示される情報量が多くなるよ」

大きい画面が必要なら私のMacBook Air でいいじゃない?

「・・・。」

「Soh 君は会社に行くから、iPhone が役に立つと思うから買えばいいよ。でも、私は専業主婦でずっと家にいるから必要なときはMacBook Airを使うよ」

「そうか・・・」

「そうだよ。で、iPhone本当に買うの?」

「iPhone、買おうよ。僕は128GB iPhone 6 Plus の SIMフリー版が欲しい。シャッター音が気になるから、日本で買うか、香港版をExpansysで買うかすごく悩む。香港だと8088HKDなので、11万円する。消費税がないとはいえ、お高いねえ。」

「私はいまのiPhone 5cのままでいいよ。」

「いやいや、買おうよ! いまの僕の話をちゃんと聞いていないでしょ? たぶん女性にはiPhone 6 がいいんじゃないかな。4.7インチが手に収まると思う。5.5インチは男性向きだよ。これ、僕のNexus 5。5インチだけど持ってみて」

そういって、Nexus 5を妻に渡しました。

「これ、大きいよ」

「でしょ? 男の僕ですら、やや大きいと思う。でもギリギリ許容範囲だ。しかし一般的な女性にとっては5.5インチは大きいんじゃないかと思う。手の大きな女性は別としてね」

「ふーん。ところで、前のiPhoneみたいにケースはあるの?」

「あるよ! iPhone 5cのときのようなシリコンケースと、iPhone 5sのときのようなレザーケースが用意されているんだ。iPhoneでAppleのサイトを見てみない?」

「へえ。ふーん。あ、この赤、いいね! この茶色もいいなあ。青色も・・・」

20140910iphone6casered

どうやらAppleのサイトの着せ替えが楽しいようです。

「シリコンにするか、それともレザーにするか悩むよね。iPhoneは高価だから、ケースをつけてしっかり保護して、大切に2年間使いたいよね」

「いつもそういうけど、結局毎年iPhoneを買い替えているのよね。AppleCare+ もつけてるのに。もったいない。

「・・・。」

「・・・。」

「・・・。」

「でも、ケースは色を選ぶ楽しみがあるからいいと思う!」

「ほうほう。iPhoneを買う気になってきた?」

「うん。Soh君がお金を出してくれるんだし。32GBがいいな!」

「iPhone 6・iPhone 6 Plusは32GBモデルが存在しないんだ。」

「えっ?!」

「今回のラインナップは16GB、64GB、128GBだよ。16GBはマーケティング目的でiPhoneの値段を安く見せるためのモデルだ。だから使って楽しいiPhone 6/6 Plusは64GBか128GBだよ。

「ふーん、じゃあゴールドのiPhone 6、64GBでいいかなー。」

「OK。僕はシルバーの iPhone 6 Plus 128GBを予約しよう。」

「ケースは迷う。一緒に注文しなくてはならない?」

「いや、別々に発注して大丈夫。なんなら発売日にヨドバシやビックとかで購入してもいい。ただ発売日に入手するなら Apple Store のほうが確実かな。」

「なんだか楽しみになってきた。」

「そうだね、早く12日の予約日を迎えたいね!」

というわけで、我が家はゴールドのiPhone 6 64GBとシルバーの iPhone 6s 128GBをApple公式サイトで予約するつもりです。ただ、発売までもうちょっと時間がありますから、ゆっくり熟考したいと思います。家族で iPhone 6/ 6 Plus を楽しみます!

▶︎▶︎iPhoneをApple公式サイトで見てみる

Return Top