オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

Nexus 7 (2013、LTE) ついに最強の自炊PDF閲覧端末に出会った

Nexus 7 (2013、LTE) ついに最強の自炊PDF閲覧端末に出会った

Google の新しいアンドロイド搭載タブレット「Nexus 7」(2013、LTE)は9月13日に発売されました。当方も14日に入手し、毎日触っています。以来、約3週間が経ちました。

「Nexus 7」(2013、LTE)の最大の魅力。それは「自炊PDF閲覧に最高のモバイル端末である」ということです。私が最大のウリだと考えるポイントなのです。

紙の書籍を裁断し、せっせとScan Snap でPDF化してはや4年が経ちました。Scan Snap は意外に手間取る(とくにチェックの工程)ので、時間を見ては、ちょこちょことコマメにPDFを増やして、紙を捨てています。4年前のエントリはこちら。

MacBook Air を用いて、英語をディクテーションで学習する方法 おかゆ MacBook

この4年間で私の自炊フォルダは7GBにもなりました。これをどうやって閲覧するのが適当か。もちろん Mac や Windows であれば、PDFを閲覧できます。ではモバイルシーンにおいてはどうでしょうか。MacBook Air を普段から持ち歩いて、PDFを開いてももちろんいいのですが、しかし取り回しという点では携帯電話やタブレットに分があります。

Nexus 7 (2013) でPDF閲覧が快適!

今回入手した「Nexus 7」(2013、LTE)でに自炊PDFを突っ込んでみたところ、非常に綺麗に再生されることがわかりました。

下は私がインプレスの電子書籍サイトで購入した雑誌「デジタルカメラマガジン」のPDFです。自炊PDFだけではなく、綺麗にレイアウトされたPDFももちろん美しくみることができます。
20131003n71

小さな字が非常に綺麗に表示されます。

「Nexus 7」(2013)には、様々な特徴がありますが、今回取り上げたい特徴はそのPPI(1インチあたりのピクセル数)の高さです。前のモデルが216ppiだったのにたいし、今年のモデルは323ppi。いわゆるレティナディスプレイクオリティの美しい解像度です。

Nexus 7 2012 vs 2013 スペック比較

2012年版 Nexus 7 2013年版 Nexus 7
画面サイズ 7-inch 7-inch
解像度 800 x 1280 ピクセル (216 ppi) 1200 x 1920 ピクセル (323 ppi)
プロセッサ Nvidia Tegra 3 Quad-core 1.2 GHz Cortex-A9 Qualcomm Snapdragon S4Pro Quad-core 1.5 GHz Krait
RAM 1GB 2GB
ストレージ 16GB/32GB 16GB/32GB
カードスロット なし なし
カメラ なし 5MP
カメラ(サブ) 1.2MP 1.2MP
バッテリ Li-Ion 4325 mAh battery (16 Wh)  Li-Ion 3950 mAh battery
OS Android Jelly Bean 4.3 Android Jelly Bean 4.3
NFC あり あり
サイズ 198.5 x 120 x 10.5 mm 200 x 114 x 8.7 mm
重量 340g 290g

今年のモデルはすべての点において、ブラッシュアップされています。

20131003n72

323ppiであれば、PDFの細かい字も拡大せずに読めます。これはスゴイことです。iPhone 4以降をお使いのiPhoneユーザなら私の言わんとするところがおわかりになると思います。iPhone 4 以降のiPhoneは326 ppi で、Nexus 7 (2013) とほぼ同じ。

Nexus 7 (2013) は片手にバッチリ収まる

しかも「Nexus 7」(2013)の7インチというサイズの持ちやすいこと。片手にすっぽり収まります。
20131003n76
反対側から。私は取り立てて手が大きい方ではありませんが、なんら無理なく、自然に片手で持てます。このホールド感が絶妙です。

20131003n77

Nexus 7 の側面には音量ボタンがついています。ここでページ送りをできますから、閲覧のとき文字通り片手のみで完結します。この操作感がたまりません。私は毎朝毎晩通勤電車にのって職場までいきますが、混雑した電車のなか片手だけでPDFを操作できるというのは非常にありがたいです。

Nexus 7 (2013) 用オススメPDF閲覧アプリ

私は「SideBook」というアプリをPDF閲覧用に使っています。iOS版もあるこのPDF閲覧ソフトウェアは無料です。

SideBooks – Google Play の Android アプリ

Android 用のPDF閲覧アプリをいくつか試しましたが、この「SideBook」が決定版ではないか、と思います。とても使いやすいです。

Nexus 7ではAmazon Kindle も利用可能です。この Kindle においてもまた音量ボタンでページ送りが可能です。とりわけ画像や写真をたくさん使っているKindle書籍であれば、 Nexus 7 の高精細な画面でその画像を十分堪能できます。

結論:Nexus 7 (2013) は優れた自炊PDF再生機

Nexus 7 (2013) + Side Books で自炊PDFを閲覧する。これが私の Nexus 7 (2013) の活用法の1つであり、自炊PDF閲覧端末は Nexus 7 (2013) が最強だと考えています。とりわけ写真を多用した書籍はとても綺麗に閲覧できますよ。

Return Top