オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

Macユーザはマクドナルドをなんと略すべきなのか?

Macユーザはマクドナルドをなんと略すべきなのか?

Macユーザにとって、マクドナルドは「マック」なのか「マクド」なのか。そこを明らかにしたいのです。

日本マクドナルドホールディングスは日本で二番目の売上高を誇る大手外食産業です。私たち一般消費者にとって「マクドナルド」はもっと身近なファーストフードチェーンのひとつといっていいでしょう。ハンバーガー=マクドナルドとかんがえるひともいることでしょう。

このマクドナルドの略称は二通り存在するようです。「マック」派と「マクド派」です。

マクドナルド 「マクド」がしっくりする人の割合は21.5%の結果 | 瞬刊!リサーチNEWS」 によると、全国14万人に「ハンバーガーチェーンのマクドナルドの略称として、『マック』と『マクド』どちらの言い方がよりしっくりきますか?」と聞いて、次のような回答を得たそうです。

・マック:77.2%

・マクド:21.5%

・マクドナルドを知らない
・略称を知らない:1.4%
(リサーチパネル調べ、14万136人が対象)

この記事によれば、日本全国レベルで見たときおよそ8割が「マック」と呼んでいるとのことが明らかになりました。三重県を含む近畿圏では「マクド」、その他の地域では「マック」が主流だとのことです。

さらにマクドナルドの呼び方に異変! 関西若年層の間で「マクド」離れ進む | ロケットニュース24では、関西圏でも若い人を中心に「マック派が増えている」というさらなる考察がなされています。

上記で見たように、近畿圏以外ではマクドナルドを「マック」と呼ぶ傾向にあることがわかりましたが、このことはMacユーザにとってきわめて重大な問題です。

たとえば、学校や職場で、学友・同僚にお昼ご飯に誘われて「今日はマックにしようよ」と言われたら、Macユーザはどのように対応すべきでしょうか。

201306macormca

Macユーザは逡巡します。「おれに『マック』というのか」と・・・。

波風を立てないMacユーザは次のように返答するでしょう。「あぁ、マクドナルドね。チーズバーガーがいいな。サイドサラダも食べたいね」。文脈を考えていちいち細かいところを指摘せずに、大人な態度を示すのは社会性の発露であります。

しかしマックはMacだとかたくなに固執するユーザもいることでしょう。

「えっ、Mac? デスクなの? それともポータブル? 僕はMacBook Air (mid 2013) 13インチ、CTO でメモリ8GBがいいな」

彼にとって、マックとはつねに Mac でなければならないのです。そして彼は周りから「頭のねじがふっとんだ、めんどくさいやつ!」というレッテルを貼られてしまうのです。まさに私がそうであります。

社会生活においてどちらの立場を取るかはMacユーザそれぞれでしょうが、Macユーザにとってマックとは一義的にはMacintoshであるのは間違いありません。(さいきんはマッキントッシュという言い方があまりされなくなりましたが、Mac のストレージはいぜんとして「Macintosh HD」であります。)

マックときいて、文脈で判断できる場合も多々あります。たとえば「マックフライポテト」ときいて、MacBook のキーボードにフライをぶちまけた絵を想像する人はあまりおおくはないでしょう。

しかしMacユーザにとって、マックはたいへん重要なことばでありますから、一意に認識できるようにしたいのです。はっきりしてもらわなくては困るのです。

私の個人的な意見ではありますが、コンピュータのほうはマック、ハンバーガーのほうはマクドと区別するほうが私にとってはありがたいです。近畿圏以外のひとたちも、マクドと積極的に呼んでいただくと私にとってはわかりやすくていいです。

しかしいまさら東京の人たちにマクドナルドをマクドと略せというのはいささか傲慢であるように思います。

そこで私は新しい提案をしたいとおもいます。それはマクドナルドを「メッドノーズ」と呼ぶというものです。

下記のビデオにおいて、エディ・マーフィーはMcDonald’sを「メッドノーズ」と呼んでいるように聞こえます。


Eddie Murphy – Raw – mcdonalds con subtitulos

21世紀に生きる私たちの社会はグローバル化が進展し、ますます英語が幅を聞かせています。日本のテレビやラジオ、新聞ではカタカナ語、英語が大変多くつかわれています。

そろそろMcDonaldsを原音どおりにメッドノーズと呼ぶ時期にさしかかっているのではないかと私は思います。

「マクドナルド」とは日本マクドナルドの社長藤田田が考案したそうですが、それはもう40年前のことです。いささか古めかしさを感じないこともありません。

私たちが親しんだ外食産業の固有名詞を原音通りに発音する。このことが日本人の英語力を高め、ひいては国際競争力の向上につながるのでは考えます。

そしてMacユーザこそがその牽引役となり、英語の原音を尊重する立場として指導的役割を果たすべきです。「マック」派と「マクド派」のバトルも終わりを告げます。

コンピュータは「マック」あるいは「マッキントッシュ」。
ハンバーガーは「メッドノーズ」。
マイケル・ジャクソンは「マイコー・ジャクソン」です。^^

Return Top