オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

iPhone 5c は廉価版ではない。スタンダード版である。

iPhone 5c は廉価版ではない。スタンダード版である。

Appleは9月10日、新しいiPhoneを発表しました。iPhone 5sとiPhone 5cです。この小さな携帯電話が世界中の話題をさらっています。

iPhone 5sとはなにか。「世界で最も先進的なスマートフォン」です。64ビットA7チップ、True Toneフラッシュの付いたまったく新しい8メガピクセルのiSightカメラ、そしてTouch ID指紋認証センサを搭載しています。

iPhone 5cとはなにか。新しいデザインと5つのカラーを備えたiPhoneです。ブルー、グリーン、ピンク、イエロー、ホワイトの5種類が用意されています。ポリカーボネートをメインの素材として採用した iPhone 5c はこれまでのiPhoneと異なり、カラフルでポップな印象を与えます。

私はとりわけiPhone 5cに注目し続けています。AppleはいったいこのiPhone 5cでなにをやりたいのか。

iPhone 5sはいってみれば非常にわかりやすいのです。iPhone 5sは最上位モデルです。いまスマートフォン市場は熾烈な競争を繰り広げています。サムスンの Galaxy S4であったり、ソニーの Xperia Z1であったり。またLGもモトローラもこの市場に参入しています。iPhone 5sはこれらと伍すための、最強携帯電話として市場に出されます。日本でもスペックに非常に大きな関心を払う層には強烈にアピールする機種となるでしょう。

ではiPhone 5c とはいったいどのような位置づけなのか。まずiPhone 5c は「廉価版」ではないということです。これまでいわれてきた「新興国向けの安っぽい携帯電話」ではありません。Appleは iPhone 4sを引き続き販売することを表明しています。廉価版としての立場は、iPhone 4s が担います。

iPhone 5cに触れる機会があった佐野正弘さんは、iPhone 5cはスタンダード版の位置づけと言えるのではないかと考えています。佐野さんはまずiPhone 5cの素材であるポリカーボネイトに着目しています。

「筆者は仕事柄、多くのスマートフォンに触れている。その経験からすると、強度の高いポリカーボネイト素材を用いたスマートフォンの多くは、触れてみると外装の“薄さ”を感じることが多い。だがiPhone 5cの外装は、ポリカーボネイト素材ながらもしっかりした触感であるのに加え、丸みのある美しいラインを実現している。
20130915ip5c

その要因は、ボディを一体成型することにより、継ぎ目のない一体感のあるデザインを実現していること。そしてもう1つ、ポリカーボネイトのボディの内側に、アンテナとしても活用する金属を取りつけて内部を補強していることの2つにある。こうした独特の構造によって、ポリカーボネイト素材を用いながらもチープさを感じさせないしっかりした外装を実現しているといえる。
“新興国向け”とは思えない品質のiPhone 5cに秘めたAppleの意外な狙い 日経トレンディネット

実際にiPhone 5cを手にすることがあった人の意見はたいへん参考になります。ポリカーボネイト=安物という先入観だけで判断するのは間違いで、ポリカーボネイトという素材をうまく使って、安っぽさのイメージを払拭していることに成功しているとのことです。

iPhone 5について、佐野さんは次のような仮説を提示しています。

「価格やデザインなどから見るに、先進国のユーザーをはじめ、ある程度所得の高い層であり、かつアーリーアダプターではない、よりライトにおしゃれなスマートフォンを使いたい人を狙っているといえるだろう。」
20130915ip5c1
「iPhone 5cは、iPhone 5とほぼ同一のスペックを備えながら、日本人に馴染みの深い多色展開がなされており、しかもある程度安めの価格設定がなされている。こうしたことからiPhone 5cは、熱心なAppleファンの動向が目立ちがちな当初の勢いは大きくないものの、それが一巡した後に、ライトユーザー向けに販売を伸ばすといえそうだ。
“新興国向け”とは思えない品質のiPhone 5cに秘めたAppleの意外な狙い 日経トレンディネット

私はこれまで au の iPhone 5 16GB と 64GB を使ってきました。ほかのユーザさんもそうだと思うのですが、iPhone 5の性能は十分満足できるものだと思います。進化激しいスマホ業界にあっては陳腐化は当然起こるのですが、iPhone 5の性能であれば依然として十分使用し続けられるのではないでしょうか。

まだわからないことも多いのですが、iPhone 5c のスペックがiPhone 5と同等と想像しますが、スマホを1年に10台購入するようなパワーユーザ、ハイエンドユーザでなければ、十分満足できるないようではないかな、と思います。

今回AppleはiPhoneという製品において、ハイエンド向けとしてのiPhone 5s、スタンダード向けとしてのiPhone 5c、エントリー向けのiPhone 4sと3つ用意したのだと理解しています。これが iPhone を通してのAppleの成長戦略です。

私がいいたいのはひとつだけ。

「オラに早く iPhone 5c を触らせてけれ〜!」

Return Top