オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

海外版Galaxy S8が特価74,300円にて販売中(週末限定)

海外版Galaxy S8が特価74,300円にて販売中(週末限定)

海外版Galaxy S8及びS8+がそれぞれ特価74,300円、特価78,900円にて販売中です。

海外版Galaxy S8の価格表(特価)

今回のセールは香港のモバイルショップ「エクスパンシス」で行われています。価格表は下記の通り。

機種名 価格
Galaxy S8 Dual-SIM SM-G950FD 74,300円 5.8インチ・Exynos 8895
Galaxy S8 Dual-SIM SM-G9500 74,300円 5.8インチ・Snapdragon 835
Galaxy S8+ Dual-SIM SM-G955FD 78,900円 6.2インチ・Exynos 8895
Galaxy S8+ Dual-SIM SM-G9550 83,900円 6.2インチ・Snapdragon 835
Galaxy S8+ Dual-SIM SM-G9550 92,100円 6.2インチ・Snapdragon 835・128GB

2017年6月時点で海外版Galaxy S8及びS8+がそれぞれ約86,140円、約100,900円でしたから、およそ11,840円-22,000円の値下げとなりました。

海外版Galaxy S8が発売されたのは2017年4月のこと。そろそろ値下げのタイミングなのでしょうね。

Exynos 8895とSnapdragon 835、どちらをえらぶべき?

海外版Galaxy S8/S8+ は、地域によってExynos 8895とSnapdragon 835の2つのSoCが分けて採用されています。

日本の住む私たちの電波の状況を考慮しますとソフトバンクやワイモバイルのSIMを使うのでしたら、Exynos 8895のモデルがいいです。またベンチマークもこちらがいいです。

他方、ドコモのSIMを使うのでしたら、Snapdragon 835のモデルがいいです。NTTドコモやKDDIが販売しているGalaxy S8はSnapdragon 835を採用したモデルです。

なおExynos 8895のモデルでもドコモのSIMは利用可能です。

ちなみに私だったら、Exynos 8895を選んでワイモバイルのSIMを選びますね。Exynos版はベンチマークがよく、さらに省電力だからです。ドコモ系SIM前提ならSnapdragon 835を選びます。

今回のセールは、この週末限定です。海外モデルの購入を考えている方はぜひこの機会を見逃さないでくださいね!

▶︎▶︎ 海外版Galaxy S8・S8+ の特価セールをExpansysで見てみる
icon

Return Top