オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

学生・教職員必見!Appleのプロアプリが丸ごと22,800円で買える「教育機関向けPro Appバンドル」

学生・教職員必見!Appleのプロアプリが丸ごと22,800円で買える「教育機関向けPro Appバンドル」

Macの魅力は、Appleの優れたアプリにあります。

とりわけ、Pro向けのものとして下記のアプリがラインナップされています。

アプリ名 目的 金額
Final Cut Pro X 映像編集 ¥34,800
Logic Pro X オーディオ編集 ¥23,800
Motion 5 モーショングラフィックス ¥6,000
Compressor 4 エンコーダー ¥6,000
MainStage 3 ライブパフォーマンス ¥3,600
合計 ¥74,200

これらのアプリは、一般の方にはもしかしたら馴染みがないかもしれません。

けれども

「iMovieよりもちょっと凝ったことがやりたいな」

「Garagebandよりももっとたくさんのことをやりたいな」

と思ったとき、たどり着くのがFinal Cut Pro XやLogicPro X、Motion 5といったAppleのプロアプリです。

AppleのiLifeアプリは初心者にとてもとっつきやすいですが、さらに複雑なことをやろうとおもったらAppleのプロアプリにアップグレードしてみるのが最適解です。

Appleのプロアプリはまさにプロに使われている

Final Cut Pro XやLogic Pro Xはプロアプリと銘打たれていますから、まさにプロが使っています。クリエイティブなソフトウェアとしてAppleのプロアプリは実際の制作現場で使われております。

例えばピコ太郎さんのプロデューサーである古坂大魔王さんが iMacで「LogicPro X」を使っているのは有名な話です。あの大ヒット「PPAP」もLogicで作られたことでしょう。たったの¥23,800のソフトウェアで、あれだけのヒットを飛ばしたのですからすばらしいです。

また宇多田ヒカルさんは昔からMacをお使いで、Logicを楽曲制作に使用していましたね〜。

映像編集の「Final Cut Pro X」はハリウッドの映画制作の現場でも使われているアプリです。

なん十億円というかかる映画制作の動画編集がたった¥34,800のAppleのアプリで制作されているというのは驚きです。

学生・教職員ならプロアプリがまとめて22,800円!

このAppleのプロアプリは5本とも購入すると¥74,200ですが、なんとApple公式サイトでは学生・教職員用としてバンドル版として22,800円で購入することができます。

Final Cut Pro Xの正規価格よりも、5本まとめてのPro Appバンドルのほうが安いのです!

この「教育機関向けPro Appバンドル」ですが、学生さんや教職員の方が対象です。また、PTAで活動されている保護者の方も対象ですので、この恩恵を受けられます。

私は子どもの幼稚園のPTAの役員をしておりますので、このチャンスを利用して「教育機関向けPro Appバンドル」を購入しようと考えております。

▶︎▶︎ 「教育機関向けPro Appバンドル」をApple公式サイトで見てみる

製品の力の源はソフトウェアだ

AppleにはMacのほか、iPhone・iPad・Apple Watchといった素晴らしいハードウェア製品がラインナップされています。

Appleの強みは、美しくデザインされたハードに内在するソフトウェアにこそあります。このソフトウェアのパワーがApple製品の魅力を高めており、Appleの価値の源泉となっています。

他社に目を向けますと、たとえばGoogleやFacebook、また新興企業であるUberやAirBNBなどといった会社が優れているのは、そのソフトウェアの質の高さです。したがって、これらの会社をソフトウェア会社と呼んでもあながち間違いではありません。優れたソフトウェア会社が業界をリードすることができます。

ソフトウェアを用いて情報をどのように扱い、価値を生むのか。このことが多くの企業や個人にとって重要な命題となっています。

この命題は、たとえばデジタルカメラの分野にも当てはめることができます。

デジカメのボディやセンサー、レンズというハードウェアがデジタルカメラの価値にとって大きな役割を占めているのは言うまでもありません。

しかし、そのカメラを制御しているファームウェアや画像処理エンジン、そしてパソコンで動く現像処理アプリはさらに重要です。

このソフトウェアの重要性を十分に認識し、対応している企業だけが激化する競争のなかで生き残れると私は考えています。

Appleのプロアプリを使うということは、世界でもっとも進んだテクノロジーのソフトウェアを手に入れるということでもあります。

なかにはAdobeのCreative Cloudを選ぶという方もいらっしゃるかもしれません。

しかしAdobeは月額5000円ぐらいかかります。年間6万円、2年間で12万円もします。ずいぶん高くつくんですよ。

でも、Appleのプロアプリバンドルはたったの22,800円です。しかも一度購入すれば月額費用なしにずっと使うことが出来ます。

学生さんや教職員の方々、そしてPTAで活動されている方にとって、今回のプロアプリバンドルは破格です。

Appleの優れたソフトウェアを活用して、クリエイティブなことをしたいと考えているユーザさんにとっては貴重なチャンスです。

もしMacを本当にクリエイティブに活用したいと思ったら、このプロアプリの導入を検討してください。

このプロアプリバンドルを導入すればお使いのMacの性能がさらに高まります。

Macとプロアプリバンドルがあれば、あと必要なのは作品を制作する意欲と情熱だけです。

YouTubeで大ブレイクする人がいま増えています。かっこいい映像やかっこいい音楽をつくりたいという人が急増しています。

もしかしたらピコ太郎さんの「PPAP」以上のブレイクがご自身のMacから生まれてくるかもしれませんよ!

Appleの優れたプロアプリが安価に買える。実にいい時代になりましたね!

▶︎▶︎ 「教育機関向けPro Appバンドル」をApple公式サイトで見てみる

Return Top