オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

シャッター音が鳴らないiPhoneを使って写真撮影を楽しもう

シャッター音が鳴らないiPhoneを使って写真撮影を楽しもう

iPhone にはたくさんの魅力があります。そのひとつはカメラ機能といって良いでしょう。iPhoneで風景を撮ったり、セルフィーを撮ったりなど、写真撮影はとても楽しいです。

最新のiPhone SE・iPhone 6s・iPhone 6s Plusでは12メガピクセルの写真が撮れるようになりました。

日本のiPhoneは撮影時にシャッター音が強制的に鳴る

iPhoneで写真を撮影すると、シャッター音が鳴ります。これを消すためには、着信/サイレントスイッチを押し下げて「サイレントモード」にします。サイレントモードでは iPhone のすべての音が鳴らなくなります。

ただしこの消音は米国をはじめとする多数の国々で販売されているiPhoneに当てはまる話です。残念なことに、日本で販売されているiPhoneは消音機能がキャンセルされており、撮影時にはかならずシャッター音が鳴りますシャッター音を消すことができません。

シャッター音が強制的に鳴る理由についてははっきりわかりませんが、迷惑行為を防止する目的で日本独自に設けられた自主規制と言われています。

iPhoneで静かに撮影を楽しみたい・・・

なにも怪しいことにiPhoneのカメラを悪用したいというのではないのです。

たとえばレストランで素敵な料理を撮影したい、あるいは子どもの音楽の発表会で演奏する姿を撮影したいというシチュエーションがあるかと思います。デジタル一眼レフカメラではフォーカルプレーンシャッターというシャッターミラーで撮影しますから、シャッターを切ると大きな音がします。

こんなときはiPhoneを使うのがいいです。iPhoneであれば無音で撮影できます。これは iPhone の持つすぐれた点です。

しかし日本のiPhoneはけたたましいシャッター音が強制的に撮影時に鳴ります。静かなレストランや音楽発表会でiPhoneで撮影するのは興ざめするだけではなくマナー違反でありましょう。私も子どもの小学校や幼稚園の発表会に何度か参加したことがありますが、うるさいiPhoneで撮影する親御さんが多くて閉口してしまいます・・・。

20141103violin2
音楽の発表会のとき、シャッター音を鳴らすのはマナー違反です。(上の写真は私の息子のバイオリンの発表会の時のもの)

では、もしシャッター音が鳴らないiPhoneが欲しければどうすれば良いのでしょうか? 日本のような自主規制のない海外の通販ショップから購入すれば良いのです。

たとえば、香港に拠点をおくモバイルデバイスショップ「エクスパンシス」では香港版のiPhone が販売されています。香港版のiPhoneはシャッター音を消すことができます。

香港版iPhoneを通販で買うと費用はいくらかかるのか?

香港からiPhoneを通販で買おうとすると、エクスパンシスが最も身近な存在です。

2016年6月28日における香港版iPhoneの価格は下記の通りです。

香港版iPhone 送料 輸入消費税 取得価額
iPhone SE 16GB ¥51,005 ¥1,400 ¥2,500 ¥54,905
iPhone SE 64GB ¥67,300 ¥1,400 ¥3,200 ¥71,900
iPhone 6s 16GB ¥75,195 ¥0 ¥3,600 ¥78,795
iPhone 6s 64GB ¥87,290 ¥0 ¥4,100 ¥91,390
iPhone 6s 128GB ¥98,920 ¥0 ¥4,700 ¥103,620
iPhone 6s Plus 16GB ¥85,945 ¥0 ¥4,100 ¥90,045
iPhone 6s Plus 64GB ¥98,040 ¥0 ¥4,700 ¥102,740
iPhone 6s Plus 128GB ¥108,795 ¥0 ¥5,200 ¥113,995

なおスマートフォンは輸入消費税がかかります。細かい計算式があるのですが個人用途には、おおよそ4.8%と言って良いです。これを百の位で切り捨てします。またエクスパンシスでは、70000円以下の買い物には送料がかかります。

香港版iPhone 6s・6s Plusを輸入する方が日本で買うよりも安い

香港版iPhoneの価格と日本のApple公式サイトで販売されているSIMフリーiPhoneの価格を比較したのが下記の表です。

香港版iPhoneの価格 日本版iPhoneの価格 差額
iPhone SE 16GB ¥54,905 ¥51,624 ¥3,281
iPhone SE 64GB ¥71,900 ¥64,584 ¥7,316
iPhone 6s 16GB ¥78,795 ¥85,104 ¥-6,309
iPhone 6s 64GB ¥91,390 ¥96,984 ¥-5,594
iPhone 6s 128GB ¥103,620 ¥109,944 ¥-6,324
iPhone 6s Plus 16GB ¥90,045 ¥96,984 ¥-6,939
iPhone 6s Plus 64GB ¥102,740 ¥109,944 ¥-7,204
iPhone 6s Plus 128GB ¥113,995 ¥122,904 ¥-8,909

香港版iPhone 6s・6s Plusを輸入する方が日本で買うよりも最大8,900円安いことがわかります。これは大きな金額ですね。

香港版iPhoneの密かなメリット:スクリーンショットも無音で撮れる

香港版 iPhone にはもう一つメリットがあります。それは、スクリーンショットの撮影時も無音になるということです。

iPhoneでスクリーンショットを撮るには「スリープ/スリープ解除ボタン」と「ホームボタン」を同時に押します。これでカメラロールにスクリーンショットが記録されます。これはとても便利な機能です。気になるウェブページや地図などをどんどんスクリーンショットにして取っておくことができます。

日本で販売されている iPhoneでは、スクリーンショットの撮影時にパシャーッという大きなシャッター音がなります。これはシャッター音以上に迷惑な話です。

たとえばスクリーンショットを電車の中で撮ると音がします。私自身、うっかりして満員電車でスクリーンショットを撮ってしまったことがあり、周りの人が「なにごとか」と顔を覗き込まれたことがあります。今思い返しても赤面する思いです。

しかし香港版 iPhoneであればスクリーンショット撮影時にシャッター音がなりません。このことはスクリーンショットをいつでも自由自在に活用したいかたには朗報です。

香港版iPhoneの注意点

香港版のiPhoneはSIMフリーですが、注意点があります。それは日本ではau回線では使えないということです。

例えばiPhone 6sを例にとります。日本のiPhone 6sも香港のiPhone 6sも型番はおなじ「A1688」です。しかし、この型番であっても香港のiPhoneはGSMモデルであり、CDMAには対応していません。日本のauはCDMAを使っておりますから、香港のiPhone 6sではauの電波を掴むことができないのです。

香港のApple Storeにある注意書きを引用します。ポイントは赤字の箇所です。「CDMAのキャリアではSIMフリーiPhone 6s・iPhone 6s Plusは動作しません」とあります。

About the unlocked iPhone

The unlocked iPhone includes all the features of iPhone but without a wireless contract commitment. You can activate and use iPhone on the supported GSM wireless network of your choice. The unlocked iPhone 6s or iPhone 6s Plus will not work with CDMA-based carriers. An unlocked iPhone 6s or iPhone 6s Plus may not support LTE networks in all other countries; contact service providers for details.

If you don’t want a multiyear service contract, or if you prefer to use a local carrier when traveling abroad, the unlocked iPhone is the best choice. It does not come with a nano-SIM card, so you’ll need to get one from any supported GSM carrier worldwide. To start using it, simply insert an activated SIM card from a compatible network. Then turn on your iPhone and follow the onscreen instructions to set it up.

http://www.apple.com/hk/shop/browse/overlay/iphone6s/about_unlocked より引用

要するに、日本において、香港版iPhone はドコモ・ソフトバンク、そしてドコモ系MVNOを使うことができます。auでは使えません。

昨今はドコモ系MVNOが増えているので、これらを使うと月々のランニングコストが安く済みます。そのため、au回線で使えないことは事実上デメリットにはならないかとは思いますが、どうしてもauで使いたいという方へは香港版iPhoneはお勧めできません。

20160329iphoneseries

香港版iPhoneの保証について

香港版iPhoneを輸入して、保証が心配になる人がなかにはいらっしゃるかと思います。Appleはグローバルで保証を行っています。購入から1年間はメーカー保証を世界中で受けられます。もちろん日本でも保証を受けられます。

またiPhoneを購入後30日以内ならAppleCare+にも加入できます。AppleCare 0120-27753-5に電話して購入することが可能です。

ただし日本で本体交換による修理となると、日本版のiPhoneに交換されます。修理交換の後のiPhoneはひきつづきSIMフリーですが、シャッター音が鳴る仕様となります。

なので、香港版iPhoneは絶対に壊さないように、ケースに入れて使うことを強くお勧めします。

最後に:シャッター音が鳴らないiPhoneで写真撮影を楽しもう

以上、香港版iPhoneの魅力をお伝えしました。香港版iPhoneであれば写真撮影時にシャッター音が消すことができ、スクリーンショットも無音で撮れます。さらに日本でもAppleの保証を受けることができます。

シャッター音が鳴らない iPhone は本当に素晴らしいです。シャッター音が鳴らないだけで、iPhone をどこでも自由に気兼ねなく使うことができます。海外版iPhoneを一度でも使ってみれば、日本版iPhoneは二度と使いたいとは思わなくなりますよ。

▶︎▶︎エクスパンシスで香港版iPhoneを見てみる
▶︎▶︎Apple公式サイトで日本版iPhoneを見てみる

Return Top