オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

[iOS 7] 複数のiOSデバイスはアイコンの並びを全く一緒にすると使いやすくなる

[iOS 7] 複数のiOSデバイスはアイコンの並びを全く一緒にすると使いやすくなる

9月18日、AppleがついにiOS向けの新しいOS「iOS 7」をリリースしました! 実際には日本時間の19日午前2時という真夜中だったのですが、多くのファンがそのリリースを待ちかねて、アップデートをしたと Twitter で報告しています。

私はとりあえず、iPhone 5 と iPad mini は iOS 7アップデートしました。インストールの挙動をいろいろと確認、また試行錯誤したくて、もうそれぞれ3回クリーンインストールしています・・・。(ちょっとパラノイア気味です。) 私の試した限りにおいて、iPhone 5 も iPad mini も iOS 7でもたつくようになった感じはないです。(iPad mini なんかはメモリが512MBなので、iOS6から微妙にスローなところがありました。)

注意! なお伝聞情報で恐縮ですが、iOS 7 は、iPhone 4s以下、iPad 3rd 以下にはインストールしない方がいいとの報告がTwitterで散見されます。なのでしばらくは、iPhone 4 や 4s 、iPad 2nd, 3rd のかたはアップデートは控えておいたほうが無難だと思われます。こういうメジャーアップデート時は慎重になった方が吉です。

さてこの2台のiOSデバイス iPhone 5 と iPad miniですが、両方とも私にとってはなくてはならない存在です。とりわけ iPad mini は私自身かなり使用頻度が高いものですから、ソフトウェアのインストール、設定については割と慎重に行っています。
20130921ios120130921ios2
iPad mini を真剣に使いだすようになってから気がついたことがあります。それは「複数のiOSデバイスはアイコンの並びを全く一緒にすると使いやすくなる」ということ。これまでは無頓着に、iTunes からポイポイとアプリをそれぞれデバイスに放り込んでいたのですけれど、それをやっているとイライラくるシチュエーションがありました。「このアプリは iPhone にはあるけど、iPad mini にはないよね」というような状況を可能な限り排すというのが目的です。

それぞれのデバイスのアイコンの並び順を厳密に決めてやると、それぞれ親子みたいになります。私の場合 iPad mini はセルラータイプのものですから、両者の違いは大きくは画面サイズだけです。もちろんバイブレーションがないとか音声通話ができないとかもありますが、それはおいておいたとして、両者の関係はそっくり相似であるように可能な限り手を尽くしてみます。

するとかなり使い勝手が良くなるなぁ!! と感じます。データはできるだけクラウドに置き、アクセスするデバイスだけが異なる、という状況をつくってやりたいのです。そしてそのデバイスもある種の統一感がユーザビリティのためには必要だと私は思っています。

さて、私の両デバイスの画面を順番にお見せしたいと思います。たとえばこちらはiPhone の一枚目の画面です。
20130921ios3
こちらはOSデフォルトのものを置いており、使わないものは次のページの「便利ツール」フォルダ(という名のゴミ箱)にいれています。よく使うものだけ、目立たせています。

こちらはiPad です。通話ボタンがないのですが、それ以外はいっしょです。iOS 7からはFace Time オーディオが搭載されていますから、Apple ID 同士であれば、これで話ができます。パケット定額の範囲で通話できますから、いってみれば無料ともいえます。
20130921ios4

なおドックには私がよく使うアプリを持ってきています。iPad には6個までドックに追加できますが、「限りなく相似形」を目指すため、iPhone と同様、4個にとどめています。

ドック1Numbers 」は、表計算ソフト。私の生活で数字ができるもの(たとえば体重の日々の推移だったり、資産管理だったり)はこれを使って記録してます。iCloud を使用しているため、データが iPhone – iPad – Mac で簡単に同期してくれます。

ドック21Password 」は、パスワード管理アプリ。私はDropbox と連携してパスワードを共有しています。こちらも iPhone – iPad – Mac と連携できるばかりか、最近使い始めた Android の Nexus 7 でもデータを活用できています。昨今パスワードの流出ということがほとんど毎日のように新聞等で報道されていますが、すこしでも自分のみを守るためのアプリとして1Passwordを使っています。非常に便利なアプリです。

ドック32Do: Tasks Done in Style」は、iCloud データを活用した To do リスト管理アプリ。iCloud のデータがあくまで「リマインダー」に留まっているのを、「To do」の視点から活用できるようにした優れたアプリです。会社のお仕事ではない、プライベートのタスク(積んどくのリストなど)をこちらに入れています。2doも iPhone – iPad – Macで簡単に同期してくれます。

ドック4ATOK Pad 」は、言わずと知れた国民的かな漢字変換ソフト「ATOK」が搭載されたメモアプリです。残念なことにクラウドサービスは Evernote しか対応していません。私はEvernote はつかっていないため、スタンドアロンでメモを書いて、転送する、などという目的で使用しています。Bluetoothキーボードをつないで使っています。ATOK Padも使用頻度が高くドック入りです。

これら4つが私にとって最重要アプリです。

さて2画面目です。こちらはどちらかというと情報を受け取る側として有益なアプリをたくさん並べています。
20130921ios5
辞書関係だったり、ブラウザ、メーラー、電子書籍等です。こちらも iPhone と iPad でまったく一緒にしています。
20130921ios6

地図サービスはやはり「Google Maps」に一日の長がある思っています。iOS 7になってAppleの地図もずいぶん良くなりましたが、Googleのほうも無料なので、ぜひ入れておきたいアプリです。

Chrome」もまた Google 謹製のアプリでよくできたブラウザだと思います。Mac や Windows、Android で Chrome をお使いの方はこちらも必ず入れておきたいアプリです。

MercuryウェブブラウザPro」はちょっと変わったことができる優れたブラウザです。たとえば、User Agent を変更したい、などというちょっとニッチな希望をかなえてくれます。iPadで User agent を偽装してiPhone 向けサイトを閲覧する、などというときに重宝します。

元素図鑑」はビジュアルと歌で見るサイエンス。このアプリがiPadに登場したとき、かなりの衝撃を受けました。アプリで科学をここまで表現できるのかと思いました。

ただ iPad mini の大画面を活かして私は自炊データの閲覧をしていますので、ここにのみ「i文庫HD」を持ってきています。これだけ例外です。^^;

さてリファレンス(辞書関連)ですが、定番どころをいれています。
20130921ios7
20130921ios8
基本的に物書堂のアプリはたいへん使いやすいですので、自分が使いそうなものはできるだけ購入してインストールしています。いちいちネットにつないでサファリなどで検索するよりも、使い慣れたアプリで、さっと辞書を引くというほうが時間短縮されてよいと思います。

日本語辞書「大辞林」、類語辞典「角川類語新辞典」、英和・和英辞典「ウィズダム英和・和英辞典」、英英辞典「コウビルド英英辞典(米語版) 」、英単語「新TOEIC®テスト 英単語・熟語 マスタリー2000 」、漢字検定「漢検プチドリル5000 」、受験生英単語「英単語ターゲット1900(5訂版)」です。

また英英辞典「Cambridge Advanced Learner’s Dictionary 」もインストールしています。ユーザインターフェイスは物書堂ほどよくはないですが、コウビルドの補完としてつかっています。辞書を何冊もっても、重さは一緒!というのがiPhoneやiPad の辞書のよいところ。

さいごに「Flashcards Deluxe 」を使っています。これは単語帳アプリです。自分で単語集を作りアプリに放り投げて、勉強できるというものです。

最終面である3面目には、2面目の情報を受け取る側と反対で、情報を出すタイプの性質のアプリを纏めています。
20130921ios10
iOS デバイスを使うときはどちらかというと受け取り側のほうに時間を割くほうがおおいので、情報を出すのは最終面に持ってきています。
20130921ios9

SNS関係はアプリを1つだけ取り上げます。Twitterクライアントは「Tweetbot (for iPhone)」、「Tweetbot (for iPad)」を使っています。一番いいところはミュートのキーワードを iOS デバイス間で共有できる(勝手にやってくれる)ところです。Twitter をやっていて、不愉快になったことはありませんか?たとえば診断メーカーが生成するツイートやbotのツイートをすべてNGにするなどということができて、大変助かります。

オンラインストレージサービス「Dropbox」アプリ と連携するテキストエディタを二つご紹介します。「WriteRoom」と「Byword」はiOSの定番です。

Zen Brush」はお絵描き(いたずら描き)アプリです。非常にシンプルなアプリなので、私のように絵を描くようなアプリに対して専門知識が欠落しているひとでも取っ付きやすいです。

DocScanner PRO」は、iPhone や iPad をスキャナーにしてくれるアプリ。普通に使うにはScanSnapなどが便利なのでしょうが、手っ取り早くスキャンするならこのアプリがお手軽です。

KORG iKaossilator」はコルグ謹製の手のひらサイズのシンセサイザのiOS版です。

Insight Timer」は、瞑想タイマーです。瞑想のときはこれを使います。

Runtastic Push-Ups PRO」は腕立て伏せアプリ。iPhone でもiPadでもいずれかあれば腕立て伏せのトレーニングできます。

するぷろ for iOS」はブログエディタ。

Camera+」はiOS用カメラアプリの代表といっていいです。私は基本的には画像処理で使用することがおおいです。

Adobe Ideas」はアドビのいたずら書きアプリ。

なお「iThoughtsHD」と、「iMuscle 2」は予算の都合により、iPad にだけ入れています。^_^;

iPhone 専用アプリはiOS 7を搭載した iPad miniでとても綺麗に見える!

さて、iOS 7は iPad miniに多大な変化をもたらしました。とりわけ、ユニバーサルではないiPhone専用アプリが2倍表示ボタンがなくなり、960 x 640 pixel の表示が標準になったことは大変喜ばしいです。

たとえば、上で観たアプリ「角川類語辞典」は iPhone 専用アプリです。iOS 6 まではiPad にインストールしてもアプリは 2倍表示となり、ギザギザが目立つだけで、使用を続けようとはあまり思えませんでした。しかしiOS 7 では iPhone のRetina ディスプレイ(960 x 640)がそのまま表示されるようになったため、たいへんキレイです。

これはiPhone用「角川類語辞典」。ユニバーサル非対応。
20130921ios11

これを iPad mini に入れると、めちゃくちゃ綺麗に表示されます。
20130921ios12

iOS 7では、iPad miniでも iPhone 専用アプリを入れて違和感がなくなったので、アイコンの並びを一緒にしやすくなったのです。

さらに例として、Apple 謹製の「Apple Store 」アプリもiPhone専用ですが、iPad mini でとっても綺麗に見えます。ほんと、今までのはなんだったんだ、という感じ。
20130921ios13
ちなみにスクエアエニックスの「Final Fantasy III」(iPhone 専用)を iPad mini にインストールしてみました。画像自体はRetina対応ではないため、iPad mini では荒いままです。
20130921ios15
しかし、字の個所は画像ではないため、綺麗に表示されます。キーボードも綺麗です。
20130921ios16
プレイ画面は画像ばかりなので、ちょっと残念なかんじ。
20130921ios18

まとめ

iOS 7 において、iPhone 専用アプリもiPad mini で大変綺麗に表示されるようにあんりましたから、複数のiOSデバイスでアイコンの並びをますます一緒にしやすくなりました。ぜひこのTipをお試しください。私のちょっとしたこだわりです。^_^

SIMフリーのiPad Airや iPad mini Retina のリンクはこちらです↓
エクスパンシス

Return Top