オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

MacBook Air (mid 2012) を携えて旅に出よ

MacBook Air (mid 2012) を携えて旅に出よ

ブログを移転して二日目です。私の愛用しているApple製品、第2弾! 今日はMacBook Air (mid 2012) について述べます。昨日はMacBook Pro Retinaディスプレイモデル (15インチ)を取り上げました。

こちらのエントリで述べたように、パフォーマンスの良いマシンがMacBook Pro Retinaディスプレイモデル (15インチ) です。写真や動画をやるならこちらのマシンがいいのは言わずもがな、とりわけ高解像度のおかげで字が美しく、ウェブを見たり、テキストを書くのに大変優れています。Appleに取って非常に重要なマシンです。

しかしMacBook Pro Retinaディスプレイモデル (15インチ)と同等、あるいはそれ以上に重要なのがMacBook Air (mid 2012) です。

201304mba2

MacBook Air は薄くて軽い! しかしちゃちじゃないんです。MacBook Airは剛性感ある筐体と打ちやすいキーボードを備えています。

すべてのモデルでフラッシュストレージを搭載。基本モデルはCore i5を使用していますが、よりパフォーマンスを求めるユーザはCTOでCore i7 を選ぶことができます。

基本モデルは4GBのメモリを搭載していますが、こちらもパワーユーザは CTO で8GBを選べます。

MacBook Airは、おそらくいまのノート型パソコンの理想を体現していると言っても良いと思います。

もちろんMacBook Airにすべてを求めるのは間違いです。動画をゴリゴリやりたい、グラフィックスを求めるゲームをガンガンやりたい、などといった用途には、別のマシンが良いはず。

しかし、MacBook Airはたいていの消費者が求める性能を提供することに成功しています。MacBook Pro Retinaディスプレイモデル (15インチ)ほどのパフォーマンスを毎日必要とする人は少ないでしょう。そのかわり薄くて軽くて十分な性能のパソコンが取り回しが良くて便利。そんなひとにMacBook Airはぴったりです。

201304mba3

もっとも「十分な性能」といってもMacBook Air 11インチ (mid 2012)はもっとも安価なモデルでも、フルスペックのMacBook Air 11インチ (mid 2011)と同等のベンチマークをたたき出すほどの性能です。

そしてMaccBook Pro Retinaディスプレイモデルよりも遥かに多い出荷台数を誇っているのがMacBook Airであろうことは容易に想像できます。

***

ここで代表的な MacBook Air ユーザをご紹介しましょう。ハイパーメディアクリエーターの高城剛さんです。常に旅をしている高城さんが愛用するのは最新のMacBook Air 11-inch。

21世紀はモノをもたない時代と言い切る高城さんは、MacBook Air と(映像を見る限りおそらく)MacBook Pro 2台を歩いて、旅先での仕事に使っているそうです(この映像は2010年当時)。

持たない生活の最先端を覗き見る「LIFE PACKING」高城剛 – Future Insight

だれもが高城さんのような自由に旅できる生き方をできるわけではありませんが、薄くて軽くてどこにでも持ち運びしやすいMacBook Airを選んでいるという点は参考になります。

私も平日は Mac を持って会社にいき、終業後はiPad mini (セルラー)をつないであれこれいじっています。モバイル Mac するならMacBook Airがベストなんです。^^

Return Top